メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

語エ門

クイズ語エ門

新年、どんなおもてなしを?

2018年1月29日

新年のあいさつに知人宅へうかがったら、下にも置かぬもてなしを受けた。

解答

閉じる

正解

 意味を考えれば簡単に正解にたどり着けますが、つい言い間違いをしてしまいそうな慣用句です。「下(した)」とは「下座(しもざ)」のこと。下座は目下の人が座る席とか、しもての座席のことで、「下にも置かぬ」とは「下座にも置かないほど丁重に扱ってくれる」という意味になります。

←前へ 次へ→

新年のあいさつに知人宅へうかがったら、上にも置かぬもてなしを受けた。

解答

閉じる

残念

 意味を考えれば簡単に正解にたどり着けますが、つい言い間違いをしてしまいそうな慣用句です。「下(した)」とは「下座(しもざ)」のこと。下座は目下の人が座る席とか、しもての座席のことで、「下にも置かぬ」とは「下座にも置かないほど丁重に扱ってくれる」という意味になります。

←前へ 次へ→

あわせて読みたい

編集部からのお知らせ

  • 「ことばの広場」が本になりました

     校閲センターがオピニオン面に連載している「ことばの広場」が本になり、さくら舎から出版されました。

  •  「いつも日本語で悩んでいます」

  • 定期更新は6月末で休止します

     ことばマガジンでは2010年の開設以来、定期的に記事の更新を続けてきましたが、2018年6月末をもって休止します。校閲センター員が執筆した「ことばの広場」の記事などは引き続き「ことば談話室」のコーナーに再録します。ご了承下さい。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コム「名将」について考える

    サンキュータツオが紹介する本

  • 【&M】スーパーGT第3戦・写真特集

    鈴鹿のレースと華やかなピット

  • 【&w】rokujuu ひびのこづえ展

    川島蓉子のひとむすび

  • WEBRONZA日本のことが嫌いになる人々

    落胆する外国人労働者たち

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ