日々、新聞紙面にあふれることば。校閲センターは、紙面のことばの海を「最初の読者」としてチェックしています。日々の作業で培った知識を、ウェブの読者の皆さんに楽しんでもらえないか……と取り組んだのが「ことばマガジン」です。
 さまざまな角度から、ことばや漢字について考える8のコーナーをご用意しました。
 さあ、あなたも一緒に「ことばの世界」を楽しんでみませんか。

コンテンツについて

校閲センターとは?

最初の読者として

校閲センターの一番の役割は、「最初の読者」の視点で点検すること。どんなに優れたニュースでも、誤字脱字や変換ミスがあったら「この記事、信用できるかな」と不安になってしまいますよね。「紙面にミスはないか」「もっと分かりやすい表現に出来ないか」。新聞製作は常に時間との競争ですが、冷静に記事を読み込み、誤りのない文章にします。

リサーチ

記事が校閲センターに届くと、社内の資料やインターネットなどを駆使して、出来る限り記事のデータを確認します。人名は正しいか、年齢は、地名は。スポーツなら去年の大会での成績の記述は間違いないか……。ときには「申し込みの期限が迫っているのに、締め切り日がない。入れた方がいいのではないか」と出稿部に提案し、より有益な記事にすることもあります。

人権を守る

「間違った常識」にとらわれた紙面になっていないか、を点検するのも大事な役割です。一方的な視点で書いて、人を傷つける記事になっていないか。「女性が育児をするのが当たり前」というような考えを押しつけていないか。新聞は影響力の大きなメディアですから、思いもかけないところで、人を傷つけるようなことがないよう、何度も何度も読み返しています。