メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

天皇陛下の退位をめぐる議論

平成流・象徴天皇の歩み

天皇退位への提言

天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議

写真

陛下「自分だけの問題ではない」 特例法巡り友人に(2016/12/01)

 一代限りの特例法で退位を認めることについて、天皇陛下の考えはどうなのか。長く親交のある友人には、「(退位は)自分だけの問題ではない。将来にわたって象徴天皇制のあり方がどうあるべきかが大切」との考えを示していたことがわかった。直接的な表現を……[続きを読む]

全文「象徴のお務め果たしていくことが難しくなるのでは」(2016/08/08)
 戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。…[続きを読む]

写真

天皇退位の是非、70年前からの宿題 帝国議会でも論戦(2016/11/25)

 天皇陛下の退位をめぐる議論が政府の有識者会議で進んでいる。天皇自らが象徴天皇制のありように鑑みて、務めを果たせないと考えた場合に退位を認めるべきかどうか。現行憲法ができて間もない終戦直後の帝国議会でも論じられていた。 皇位継承を法律で定め……[続きを読む]

象徴天皇のこれから

 天皇陛下が「象徴としての務め」についての考えを語った「お言葉」が公表された。今後は象徴天皇としての公務のあり方や、退位や摂政(せっしょう)についての検討が始まることになりそうだ。かつて皇室の決まりを定めた皇室典範の制定時、どんな議論が交わされたか。大正天皇や昭和天皇が公務が困難になった時はどうだったか。代替わりに伴う元号改定の制度はどう整備されたのか。これまでの経緯をたどった。

象徴天皇のあり方

 象徴天皇のあり方が、憲法公布70年の年に、国民的議論の対象として浮かび上がった。冷静に、深く考えるには、歴史に現れた天皇のさまざまな姿を位置づけつつ、憲法の定める「象徴」の意味とそこにひそむ問題点を、丹念に解きほぐしていく必要がありそうだ。

「天皇と戦争」どう考える

天皇陛下の歩みを当時の紙面で会員限定

天皇の公務とは

天皇の公務とは

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】心拍トレーニングのお供に!

    運動にオススメのイヤホン

  • 【&TRAVEL】全米一住みたい街美食フェス

    世界美食紀行

  • 【&M】春を待つ森の営みを探そう!

    親子で自然に親しむ〈PR〉

  • 【&w】ニュアンスカラーで春らしく

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA少年法の適用年齢、18歳に?

    引き下げの是非を考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ