現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 口蹄疫の猛威
  5. 記事

赤松農水相、口蹄疫で辞任否定 自民、不信任案提出へ

2010年5月20日20時10分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 赤松広隆農林水産相は20日の衆院決算行政監視委員会で「誠心誠意、大臣としての職務を全うしていこうと思う」と述べ、口蹄疫(こうていえき)の被害拡大による引責辞任を否定した。自民党はこれを受け、今国会に農水相不信任決議案を提出する方針を固めた。

 赤松氏は、野党が被害対応の遅れにつながったと批判する4〜5月の連休中の自らの外遊について「大臣への連絡は24時間取れる体制になっている。私より優秀かもしれない副大臣や政務官が残り、同じ認識でことを進めている」と説明。「大臣として考えられるすべてのことをきちっとやりきってきた」と語った。自民党の阿部俊子氏への答弁。

 赤松氏は同日の衆院本会議でも「しっかり対応している」と主張。自民党の江藤拓氏は質問で地元宮崎県の窮状を訴え、民主党のスローガンにからめて「何が『国民の生活が第一』だ。自分の身が一番じゃないか」と述べた。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介