現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 孤族の国
  5. 記事

孤族の国

「孤族」の実態、政府が調査へ 特命チーム緊急提言受け

2011年8月10日20時10分

 菅政権の「『一人ひとりを包摂する社会』特命チーム」(座長・福山哲郎官房副長官)は10日、家族との離別や失業で社会的に孤立した「孤族」支援のための緊急政策提言をまとめた。

 提言を受け、政府は今年度中に若年層の非正規雇用やネットカフェ住民らに対面調査し、孤立するリスクの広がりや連鎖の実態把握に乗り出す見通し。東日本大震災による影響も調査対象としている。

 被災3県で支援を必要としている人向けの相談支援や居場所づくりのほか、被災地でNPO法人などが支援策や関係機関を紹介する「ワンストップ相談支援事業」実施も提言した。今年度第3次補正予算案や来年度予算案の概算要求に反映する方針だ。

  

孤族の国

  単身世帯の急増と同時に、日本は超高齢化と多死の時代を迎えます。「孤族」の迷宮から抜け出す道を、読者の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
 取材班がツイッター(http://twitter.com/asahi_kozoku)でつぶやいています。メール()でご意見や体験談もお寄せください。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介