メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

リヒテンシュタイン華麗なる侯爵家の秘宝展

個人として世界最大級の規模を誇るリヒテンシュタイン侯爵家のコレクションが初来日。
ルーベンスなど厳選された88点を展示します。京都市美術館で3月19日から6月9日まで開催。
リヒテンシュタイン展の魅力を、展示会場のパノラマ写真やフォトギャラリーなどでお伝えします。

バーチャル美術館

リヒテンシュタイン展東京会場(昨年12月まで開催)には、バロック期の宮廷を模した「バロック・サロン」をはじめ、ルネサンスやバロックの作品が数多く展示されました。現在、無料公開中の展示室は「バロック」ルームです。会員登録していただけると、すべての部屋がご覧になれます。「+」マークのついた展示品をクリックすると、画像が拡大します。(※作品画像の著作権はリヒテンシュタイン侯爵家に帰属します)

Flash Player10 以上が必要です。(PCによる閲覧時)
iOSなどでは一部機能がご利用いただけません。

全画面で見る

Flash Player10 以上が必要です。(PCによる閲覧時)
iOSなどでは一部機能がご利用いただけません。

全画面で見る

フォトアーカイブ

リヒテンシュタイン展東京会場展示作品の一部と、侯爵家の宮殿やリヒテンシュタイン侯国の様子を写真でご紹介します。

  • 展示品
  • 侯爵家を訪ねて

※お使いのブラウザによっては正しく表示されない場合があります。

PR情報

アート 記事一覧

アート 記事一覧

〈リヒテンシュタイン家について〉

リヒテンシュタイン家

 ハプスブルク家の臣下として活躍したリヒテンシュタイン家は、1608年に侯爵家となった。さらに17世紀末から18世紀にかけ現領地を獲得し、1719年には神聖ローマ帝国に属する領邦国家としてリヒテンシュタイン侯国が誕生した。侯国の成立後も同家は主にウィーンに居を構え、ファドゥーツに住むようになったのは1938年から。同家は次々と有能な軍人、外交官、大臣が輩出する一方、優れた美術品収集にも代々力を注ぎ、数多くの宮殿を建て、19世紀初頭からそのコレクションをウィーンで一般に公開した。

朝日新聞将棋取材班

朝日新聞放送取材班

注目コンテンツ

  • ショッピング小技の効いた収納グッズ

    乱れた机、手遅れになる前に…

  • ブック・アサヒ・コムビジネスはゲームである

    男社会で生き抜くルールに開眼

  • 【&M】東武アーバンパークライン

    新愛称導入、東武野田線のいま

  • 【&w】歩きながら物語を編んでみる

    ちいさなしつもん 原田マハ 

  • Astand映画「ノアの箱舟」を告訴

    日本語で読む中東メディア

  • 写真

    ハフポスト日本版 写真が誘うファンタジーの世界

    独在住、インスタグラムで大人気の作家

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報