asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 「オウム教祖」判決  
【「オウム教祖」判決】
 
オウム元幹部土谷被告に死刑判決 東京地裁

 地下鉄サリン事件で使われたサリンを製造したなどとして、殺人などの罪に問われたオウム真理教元幹部・土谷正実被告(39)の判決が30日、東京地裁であった。服部悟裁判長は、地下鉄事件の際、同被告には殺意が認められ、他の被告との共謀もあったと認定。検察側の求刑通り、死刑を言い渡した。

 一連のオウム事件では189人が起訴されたが、一審で死刑判決を受けたのは11人目。これで、一審判決を受けていないのは松本智津夫(麻原彰晃)被告(48)だけとなった。松本被告の判決は2月27日に予定されている。

 土谷被告は地下鉄・松本両サリンや化学剤VXを使った殺人・殺人未遂など計7事件で起訴された。教団随一の化学知識を持っていたとされ、「第二厚生省大臣」の地位にあった。

 この日の判決はまず、松本事件について、土谷被告が捜査段階で「ほかの教団幹部らが不特定多数を殺害しようとしていることを認識していた」と供述している点などを重視し、「犯行を幇助(ほうじょ)する意思があった」と認定した。地下鉄事件についても、捜査段階の供述などから、自分が製造したサリンが近い将来に地下鉄を含む東京都内で使われることを被告が知っていたと判断。「松本事件とは異なり、共同正犯の責任を負う」と結論づけた。

 土谷被告は公判で、サリンやVXの製造にかかわったことは認めたものの、「長野県松本市でまかれた液体にサリンは含まれていない」「地下鉄でサリンが使われると思っていなかった」などと述べ、麻薬取締法違反を除く6事件について無罪を主張した。引き続き松本被告への帰依も表明。同被告の公判に弁護側証人として出廷し、「教祖」を擁護する証言を繰り返した。

    ◇

〈オウム事件で死刑判決を受けた被告〉(呼称略)

(1) 岡崎 一明 坂本 (実行役)

(2) 横山 真人 地下鉄(散布役)

(3) 林  泰男 地下鉄(散布役)

(4) 豊田  亨 地下鉄(散布役)

(5) 広瀬 健一 地下鉄(散布役)

(6) 端本  悟 坂本 (実行役)、松本(警備担当)

(7) 早川紀代秀 坂本 (実行役)

(8) 新実 智光 坂本 (実行役)、地下鉄(送迎役)、松本(警備担当)

(9) 遠藤 誠一 地下鉄(製造担当)、松本(医療担当)

(10)中川 智正 地下鉄(製造担当)、松本(医療担当)、坂本(実行役)

(11)土谷 正実 地下鉄(製造担当)

※いずれも一審判決。名前の後は、関与した主な事件と役割。「地下鉄」は地下鉄サリン、「松本」は松本サリン、「坂本」は坂本堤弁護士一家殺害の各事件。土谷被告を除いていずれも控訴、上告中。 (01/30 16:12)


 関連情報  


 これまでの記事一覧







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission