現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 中東政変
  5. 記事

外国記者、次々襲われる ムバラク氏支持派がスパイ扱い

2011年2月3日12時10分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【ワシントン=望月洋嗣】エジプトの首都カイロなどで取材中の外国メディアの記者らが2日、ムバラク大統領支持者に「外国のスパイ」などとして相次いで襲撃や取材妨害を受けた。

 米CNNによると、人気キャスターのアンダーソン・クーパーさんら同社のスタッフ3人がカイロで取材中に襲われ、殴られた。また、米ABCの記者らが乗った車が群衆に取り囲まれ、車のガラスを割られた。英BBCなどのスタッフも襲われたという。

 アラブ首長国連邦ドバイを拠点とする衛星テレビ局アルアラビアは事務所を襲撃され、記者の一人が病院に搬送されたという。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介