現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 中東政変
  5. 記事

リビア暫定首相「化学兵器の基地発見」 現地調査へ

2011年10月31日10時33分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 リビア国民評議会のジブリル暫定首相は30日夜の記者会見で、カダフィ政権時代の化学兵器の基地が見つかったと述べた。11月3日に米国などの専門家が現場を訪れ、詳しい調査をするという。

 ただジブリル氏は、見つかった場所、化学兵器の種類や量といった詳細については、「我々はこの分野について詳しい知識を持ち合わせていない」として明らかにしなかった。中東の衛星テレビ局アルジャジーラは9月、リビア南部で化学兵器が見つかったと伝えている。

 カダフィ政権は2003年末、核兵器など大量破壊兵器を無条件に廃棄すると約束。04年には化学兵器用弾頭などの廃棄作業に着手したが、一部は砂漠地帯などに隠し持っているとの疑いが指摘されていた。(トリポリ=北川学)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介