現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 菅政権
  5. 記事

枝野官房長官、狭山事件の弁護人退任へ

2011年1月24日10時42分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 枝野幸男官房長官は24日午前の記者会見で、1963年に埼玉県狭山市の女子高校生が誘拐・殺害された「狭山事件」で無期懲役判決が確定し冤罪(えんざい)を訴えている石川一雄さん(72)の弁護人を辞任する意向を明らかにした。

 弁護士資格を持つ枝野氏は、石川さんの支援団体などの要請を受けて弁護団に加わっていた。枝野氏は会見で「内閣の一員の立場になったので、法的には問題ないとしても誤解を招くことのないように、ということで(辞任の)手続きをとっている」と説明。石川さんは東京高裁に再審請求しており、三権分立の観点から辞任が適当と判断したとみられる。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介