現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 菅政権
  5. 記事

世界の「絆」に感謝 首相、各国有力紙にメッセージ広告

2011年4月12日7時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大英字新聞に掲載された菅直人首相の「絆」と題するメッセージ=遠藤真梨撮影

 日本政府は11日、東日本大震災から1カ月に合わせ、海外からの支援に謝意を表明する菅直人首相のメッセージを各国の有力紙に広告の形で掲載した。「絆」という漢字1文字の下に、救援物資、捜索活動、医療活動などへの謝意を各国語で表明している。

 メッセージは菅直人首相の署名で「絆に感謝します」とのタイトル。「海外の皆さんの助けが私たちに希望をもたらし、勇気づけてくれた」と記している。福島第一原発の事故については「総力をあげて安定化への努力を続けています」と説明し、日本は「必ず再生し、復活し、より強くなります」と強調。「世界の皆さまから頂いた温かいご支援に対し、恩返しをいたします」と誓った。

 外務省によると、この日掲載したのは国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン、米紙ウォールストリート・ジャーナル、英紙フィナンシャル・タイムズ、中国の人民日報、韓国の朝鮮日報、ロシアのコメルサント、フランスのフィガロで、広告費は計約3500万円。シンガポール、ベトナム、ミャンマーの新聞社からも要請があり、無料で掲載したという。(鶴岡正寛)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧