現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 民主政権
  5. 記事

配偶者控除の廃止見送り濃厚 岡田副総理が衆院委で答弁

2012年11月7日17時47分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 岡田克也副総理は7日の衆院内閣委員会で、所得税の課税対象から控除(差し引き)する「配偶者控除」の廃止について、「民主党の中で強い異論もあり、残念ながら共通認識に至らなかった」と述べ、2013年度税制改正での廃止実現は難しいとの見通しを示した。

 自民党の小泉進次郎議員の質問に答えた。岡田氏は「私は廃止論者」としたうえで、「税制で(2009年の衆院選の)マニフェストに書いてできなかった最大のものは、配偶者控除の廃止だ」と述べた。

 民主党は働く女性に不公平だとして、マニフェストに「配偶者控除を廃止し、子ども手当の財源に充てる」と明記。しかし、主婦層の反発などを考慮して、判断を先送りしてきた。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介