現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 民主代表選
  5. 記事

推薦人、菅氏に7閣僚の名、小沢氏は「ガールズ」3氏も

2010年9月1日13時13分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 民主党代表選で1日、立候補を届け出た菅直人首相と小沢一郎前幹事長は、ともに25人の推薦人名簿を提出した。

 菅首相の推薦人には7人の閣僚が名を連ねた。岡田克也外相、前原誠司国土交通相、野田佳彦財務相、北沢俊美防衛相、長妻昭厚生労働相、玄葉光一郎公務員制度改革相、蓮舫行政刷新相だ。

 かつて新生党や新進党で小沢氏と行動をともにし、現在は距離を置いている渡部恒三元衆院副議長、石井一選挙対策本部長代理のベテラン2人も加わった。

 前原、野田両氏のような各グループの幹部級が多いのも特徴。菅グループからは江田五月前参院議長、土肥隆一衆院議員、旧社会党グループからは鉢呂吉雄衆院厚生労働委員長が推薦人となった。

 一方、小沢氏の推薦人には、鳩山グループから鳩山由紀夫前首相側近の松野頼久前官房副長官、中山義活前首相補佐官のほか、海江田万里衆院財務金融委員長が名を連ねた。また、旧社会党グループの赤松広隆前農水相、羽田グループの前田武志参院議員、三井・樽床グループの三井辨雄国会対策委員長代理が推薦人となり、「脱小沢」路線を公言するグループ以外から、できるだけ幅広く得票を目指す姿勢をにじませた。

 衆参両院の選挙で小沢氏の手ほどきを受けた太田和美、田中美絵子の両衆院議員と谷亮子参院議員のいわゆる「小沢ガールズ」の3氏も入った。

 勝敗のカギを握る衆院当選1回の議員は、菅氏に3人、小沢氏に5人。態度を保留している旧民社党グループは、両陣営に対し推薦人を1人も出さなかった。

     ◇

●菅氏の推薦人

 【衆院】井戸正枝、岡田克也、岡本充功、金森正、菊田真紀子、玄葉光一郎、土肥隆一、中川正春、長妻昭、野田佳彦、鉢呂吉雄、藤田一枝、藤村修、前原誠司、牧野聖修、山尾志桜里、渡部恒三【参院】石井一、江田五月、大河原雅子、岡崎トミ子、北沢俊美、白真勲、林久美子、蓮舫

●小沢氏の推薦人

 【衆院】赤松広隆、太田和美、海江田万里、川内博史、岸本周平、小泉俊明、田中美絵子、中山義活、野田国義、松野頼久、三井辨雄、皆吉稲生、村上史好、伴野豊、笠浩史【参院】岩本司、大久保勉、川崎稔、武内則男、田中直紀、谷亮子、外山斎、那谷屋正義、前田武志、米長晴信(いずれも敬称略)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介