現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 生きている遺産
  5. 記事

天然林消え、材料は枯渇 マダガスカルから―4

2010年4月22日15時49分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真植林したユーカリを製材する男性ら。後ろの山にもう木はない=アントエチャ村、千葉康由氏撮影

地図拡大  

 マダガスカル中央高地の尾根の上、アンボヒマナリボ村の木彫り職人ラゴトゥサンディ・シャンポルさん(47)が嘆いた。

 「小学校を卒業後、父の材木業を手伝い、木彫りも始めました。でも5年前、主な収入源だった材木業はやめました。木がないのです。木彫りも今は小物くらいで……」

 村の周囲は大部分がはげ山状態。点在する森は、10年前に植林した松やユーカリばかりで、伐採までさらに10年は必要だ。伝統的な家造りや木彫り作品に好まれる「ナトゥ」「タンボネカ」と地元で呼ばれる硬めの木は、徒歩2時間の森に少し生えるだけという。

 木がない。それは1200平方キロの山岳部に広がるザフィマニリ地方の人々に共通の悩みである。

 住民は代々、天然林を伐採し、跡地を焼き払って畑にする生活をしてきた。1960年ごろから、医者が巡回してくるようになって衛生環境が改善、人口が激増した。1900年に推計5500人だったのが、70年に1万5千人を超え、今は5万人。生活スタイルは同じだから、森の衰退は当然の成り行きと言える。

 550人が住む北サカイボ村では2000年、村の山から木彫り用の木が消えた。木彫りの技術が03年、無形文化遺産の前身にあたるユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作宣言」を受けた後、職人は増えたが、材料の大半は別の村から買っている。

 職人の一人ラファハテルさん(48)は「山が静かなのに気づいたか? 昔、森には猿やイノシシ、鳥がたくさんいたものだ。でも森を焼き、イノシシや鳥は食べた。猿は食べないが逃げてしまった」。

 アントエチャ村近くの山では3月、ザフスア・ソンエメさん(35)が仲間6人と木を切り、大のこぎりで製材していた。20年前までは「ハージョアラ」と呼ばれる固有種の生える山だった。今は植林した松とユーカリしかない。

 「ハージョアラは苗が見つからず、植林できない。木彫りに最適だという、価値に気づくのが遅すぎた」

 ユネスコと地元自治体は08年、森林の保護や火災防止を啓発する行動計画を決めた。「森の保全と活用を両立し、伝統も伝えたい」とスポーツ文化余暇省のエメリーヌ・ラハリマナナ文化遺産局長は言う。だが、固有種の苗の調達が進まず、かつての森の回復に見通しはない。

 08年の無形文化遺産委員会に出たアンテテザンドロチャ村のラコトザフィ村長(63)は「伝統の技を忘れぬため、当面は小物を作り続けるしかない。国際社会の支援がほしい」と訴えている。(国末憲人、古谷祐伸)=「マダガスカルから」終わり

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内