現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 名古屋・河村市長の日々
  5. 記事

名古屋高速、通行料15%値下げ 7月から1年間

2011年5月25日12時37分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村たかし市長は25日午前、共同で記者会見し、7月から1年間、名古屋高速道路の通行料金を15%値下げする新割引制度を発表した。割引はETC搭載車を対象とし、平日・土曜日の午前6〜7時、午後1〜4時に限定する。

 普通車の料金は110円安い640円となる。「社会実験」として割引が渋滞緩和につながるかどうかを検証するため、交通が集中する時間帯を避けたという。日曜、祝日と平日午後10時〜午前6時に実施中の10〜20%のETC割引は継続される。今回の割引に伴う減収見込み額14億円は公社が負担する。

 大村知事と河村市長は今年2月の知事選、市長選の共通公約に「名古屋高速の100円値下げ」を掲げていた。大村知事は会見で「今後は恒久的な値下げも目指したい」と話した。(寺西哲生)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧