メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

竜宮の使者現る? 富山湾で捕獲

 全国でも捕獲例が少ない南方の深海魚で、体長267センチのリュウグウノツカイが朝日町沖の定置網にかかり、魚津水族館(魚津市三ケ)に18日運ばれた。同館によると、富山湾で確認されたのは3年前に体長428センチの魚が入善町沖の網にかかって以来。

 リュウグウノツカイはアカマンボウ目の海水魚。太平洋やインド洋の水深200メートル以上の深海にすむとされ、体はタチウオのように銀色で平べったく、体長10メートル近くまで成長する。

 17日に定置網にかかり、18日に魚津漁協から同館に連絡が入った。確認時には死んでいたが外傷は少なく状態は良好だったという。生態がよく分かっていない魚で、貴重な研究資料として胃の中身などを調べる。稲村修館長は「大きくはないので、若いリュウグウノツカイが対馬暖流にのって流されて来たのだろうか」と話している。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】夏みかんのシフォンケーキ

    懐かしくてやさしい母の味

  • 写真

    【&Travel】文学と歴史に彩られた直江津

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&Travel】密避け楽しむ庭園ライブ

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&M】どうやって防げばいいか

    キャンピングカーの火災

  • 写真

    【&w】陸に迷い込むクジラたち

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日フツーな私でも仕事ができる

    税理士の田村麻美がコツ伝授

  • 写真

    論座高齢者のために街にベンチを

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン白シャツの着こなしポイント

    おすすめコーディネートとは?

  • 写真

    Aging Gracefully自分たちの人生を生きる

    自然に助けられる日々

  • 写真

    GLOBE+急減ミツバチ、解決に没頭

    原動力はタトゥー刻むほどの愛

  • 写真

    sippo母と子で犬や猫の保護活動

    きっかけは虐待を受けていた犬

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ