メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

お帰り我らがフェス 10日開業、新ホールに期待の声

写真:大阪フィルによる公開リハーサルで満席となったフェスティバルホール=1月19日、大阪市北区、池田良  拡大大阪フィルによる公開リハーサルで満席となったフェスティバルホール=1月19日、大阪市北区、池田良  

写真:熊川哲也さん=大阪市北区、滝沢美穂子撮影拡大熊川哲也さん=大阪市北区、滝沢美穂子撮影

 新しくなったフェスティバルホール(大阪・中之島)が10日開業する。旧ホールから受け継いだ音の良さは最新の音響技術で磨きがかかり、ゆかりのアーティストも胸を躍らせている。

■「客席の反応、体で実感」 歌手・谷村新司さん

 新ホールが開業する前の1月24日、ある催しで歌わせてもらいました。新しくなって僕らが一番心配していたのは、音の響きが変わったんじゃないか、ということ。でも歌うと、いい意味で変わらない昔の響きが残っていた。「あっ、フェスティバルホールが戻ってきてくれた」と実感しました。

 旧ホールで最後にコンサートをした時、ラストの曲「昴」の2コーラス目をお客様に背中を向けて歌ったんです。舞台に「ありがとう」の気持ちを伝えたくて。だから、1月に新しいホールで歌った時は「お帰りなさい」って心の中で言えた気がするんです。

 ホールって感情が残ってるんです。壁とか床にたくさんの人の思いが積み重なってる。「昔のホールの床板が新ホールにも使われている」と聞いた時はうれしかった。舞台に入る扉の前にある板です。かつてホールに積み重なった思いがちゃんとつながってる。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】ホータンからチャルチャンへ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】“AVの罪”をどう考えるか?

    湯山玲子がしみけんに直撃!

  • 写真

    【&w】決め手は夫のあの一言だった

    『人魚の眠る家』篠原涼子さん

  • 写真

    好書好日やり投げ界のエースの修業

    新井涼平、90m超え目指して

  • 写真

    WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン「無病息災」を願って贈る

    おいしくてヘルシーな手土産

  • 写真

    T JAPANデュシャンと日本美術の共通点

    便器と竹筒が、なぜアートに?

  • 写真

    GLOBE+子どもがもし障害者だったら

    きょう公開 いろとりどりの親子

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学でまじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ