メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

降り注ぐ音、よみがえる フェスティバルホール開業

写真:フェニーチェ歌劇場による「ガラ・コンサート」で幕を開けたフェスティバルホール=10日夜、大阪市北区、森井英二郎撮影拡大フェニーチェ歌劇場による「ガラ・コンサート」で幕を開けたフェスティバルホール=10日夜、大阪市北区、森井英二郎撮影

写真:コンサートが終了し、カーテンコールでは観客から拍手が送られた=10日夜、大阪市北区のフェスティバルホール、森井英二郎撮影拡大コンサートが終了し、カーテンコールでは観客から拍手が送られた=10日夜、大阪市北区のフェスティバルホール、森井英二郎撮影

 天井から降り注ぐ音がよみがえった――。建て替えのため休館していた音楽の殿堂、フェスティバルホール(大阪・中之島)が10日、開業した。イタリアから来日したフェニーチェ歌劇場によるガラ・コンサートで、新たな一歩を祝った。

 指揮台に立ったのは、韓国出身で世界的に活躍するチョン・ミョンフンさん。イタリアオペラの名曲の数々が演奏され、満席の約2500人の拍手がホールに響いた。

 このコンサートで第51回大阪国際フェスティバル(朝日新聞文化財団、大阪国際フェスティバル協会、朝日新聞社主催)が5年ぶりに再開。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団などの公演が26日まで続く。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ