メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉なき叫びを聞け 大震災被災の動物描いた映画公開

写真:飼い主が避難し、取り残されたところを保護された犬=(C)宍戸大裕拡大飼い主が避難し、取り残されたところを保護された犬=(C)宍戸大裕

写真:死骸に囲まれる牛舎で、牛が涙を流していた=(C)宍戸大裕拡大死骸に囲まれる牛舎で、牛が涙を流していた=(C)宍戸大裕

写真:福島県南相馬市で保護された猫。新たな飼い主の元で暮らすことになった=(C)宍戸大裕拡大福島県南相馬市で保護された猫。新たな飼い主の元で暮らすことになった=(C)宍戸大裕

写真:避難先はペット不可。預け先の福島市内のシェルターでつかの間の再会=(C)宍戸大裕拡大避難先はペット不可。預け先の福島市内のシェルターでつかの間の再会=(C)宍戸大裕

写真:「今回の震災で、いかに動物に冷淡な社会かを実感した」と話す宍戸大裕さん=東京都新宿区拡大「今回の震災で、いかに動物に冷淡な社会かを実感した」と話す宍戸大裕さん=東京都新宿区

 【机美鈴】東日本大震災に伴う原発事故で、福島県の警戒区域に置き去りにされたペットや家畜の過酷な実態を直視した、ドキュメンタリー映画の上映が1日、始まった。言葉を発さぬ動物の瞳は、人間の重い責任を問いかけている。

 映画は「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」。死骸と糞尿(ふんにょう)の悪臭が充満する牛舎で涙を流す牛、つながれたまま息絶えた犬……。目を覆わんばかりの光景が現れる。

 監督の宍戸大裕(だいすけ)さん(31)は宮城県名取市出身で、震災8日後、東京からビデオカメラを手に被災地に入った。

 原発事故後、一刻を争う避難で多くの動物が置き去りにされた。だが、ひと月以上経っても国や行政の保護は一向に進まず、ボランティアの立ち入りも制限された。宍戸さんは2011年4月以降、警戒区域にひそかに通い、大量餓死など大手メディアがほとんど伝えない現実をとらえた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら
PR情報
検索フォーム

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】今季のコートは色で遊ぼう!

    シトウレイの好きな服、似合う服

  • 写真

    【&M】本革なき高級車の時代へ

    ラクステナビリティ

  • 写真

    【&Travel】古代の色に思いをはせる

    奈良・橿原と明日香の旅

  • 写真

    【&M】人を映す鏡のような作品

    上田慎一郎監督の異色作

  • 写真

    【&w】“旅そのもの”に包まれる幸せ

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日冒険家がひらいた書店の魅力

    試行錯誤の営み伝える本たち

  • 写真

    論座普通過ぎた海部元首相の実相

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン社長インタビュー 前編

    BEENOS株式会社

  • 写真

    Aging Gracefullyリモートワーク時代の悩み

    コミュニケーション術<PR>

  • 写真

    GLOBE+韓国映画『声もなく』

    演出の狙いは?監督に聞いた

  • 写真

    sippo昼間は別宅、夜は本宅で

    2匹の愛猫が一番好きなのは…

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ