メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

朴大統領の05年竹島上陸、不起訴処分 松江地検

 【宮野拓也】松江地検は10日、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領がハンナラ党(現セヌリ党)国防委員だった2005年10月に竹島(島根県)に上陸したのは出入国管理法違反(不法入国)だとする告発について、不起訴処分にしたと発表した。処分は9日付。

 告発は今年2月21日に政治団体「維新政党・新風」(東京)の鈴木信行代表らが提出、3月26日付で受理されていた。松江地検の伊藤文規・次席検事は不起訴の理由について「当時は議員でも現在の元首には国際慣習法上わが国の裁判権が及ばない」と説明した。

 昨年8月に当時の李明博(イミョンバク)大統領が竹島に上陸したことも告発されたが、松江地検は昨年12月に同様の理由で不起訴処分にしている。

PR情報

検索フォーム

領土 記事一覧

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ