メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬鳥、台風が運んだ? 高知・香南でマガン3羽

写真:台風24号の影響らしく北国から物部川河口に飛来したマガン=香南市、吉田直樹さん撮影拡大台風24号の影響らしく北国から物部川河口に飛来したマガン=香南市、吉田直樹さん撮影

写真:台風24号の影響らしく北国から物部川河口に飛来したマガン=香南市、吉田直樹さん撮影拡大台風24号の影響らしく北国から物部川河口に飛来したマガン=香南市、吉田直樹さん撮影

 【菊池均】冬鳥のマガン3羽が香南市吉川町吉原の物部川河口に飛来し、野鳥愛好家の吉田直樹さん(高知市)がカメラに収めた。シベリアで繁殖し国内では主に宮城や新潟、石川、島根各県などで越冬するが、日本海を北東に進んだ台風24号の影響で県内に迷い込んだとみられている。

 マガンは、全長72センチの大型の水鳥。飛来した3羽はクチバシの基部と腹部の黒い斑紋の特徴から成鳥1羽と若鳥2羽らしい。吉田さんは、9日午後3時20分ごろ、知人の情報を元に河原の水際で休んでいるのを見つけた。遠くから見守っていると飛び立って東方に姿を消したが、まだ付近にいるとみている。

 写真でマガンと確認した日本野鳥の会高知支部の木村宏さん(宿毛市)は「県内でマガンは珍しく、数年に一度ほどしか見つかっていない。台風の影響で北国から群れとはぐれてきたのでは」と話している。

PR情報

検索フォーム

どうぶつ新聞 記事一覧

注目コンテンツ