メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

魚も恐ろしく見える? 富山・魚津水族館でハロウィン展

写真:体が透き通った「骨ホネナマズ」が泳ぐ=魚津市三ケの魚津水族館拡大体が透き通った「骨ホネナマズ」が泳ぐ=魚津市三ケの魚津水族館

 【鵜飼真】31日に仮装などをして祝う欧米の祭りハロウィーンに向けて、魚津水族館(魚津市三ケ)では、キッズコーナーの水槽にちょっと不気味な魚を入れたり、ドクロやカボチャのお面の装飾品をかざったりする「ハロウィン展」を開いている。31日まで。

 季節感を出すための秋恒例の演出。今年は、3月のリニューアルで新設したキッズコーナーの五つの水槽に、恐ろしく見える魚を入れるなどした。

 「骨ホネナマズ」の名札を付けた水槽には、体が透き通って骨だけが見える魚たちが、ドクロの飾り付けの周りを泳ぐ。魚は、トランスルーセントグラスキャットという名で、東南アジア原産のナマズの仲間だ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

どうぶつ新聞 記事一覧

注目コンテンツ