メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

年の差婚のホッキョクグマ、おめでた? 大阪・天王寺

写真:天王寺動物園のホッキョクグマ、バフィン=9月撮影拡大天王寺動物園のホッキョクグマ、バフィン=9月撮影

 大阪市の天王寺動物園にいるホッキョクグマのバフィン(21)に妊娠の可能性が出てきた。園側は急きょ公開を休止し、寝室で静かに過ごさせている。

特集:どうぶつ新聞

 ホッキョクグマには妊娠の判別方法がないが、期待の根拠は3月に確認されたゴーゴ(8)との「愛の営み」。生まれるとしたら今月下旬〜12月という。

 獣医師は「食欲が減り始めると出産の兆候」と、年の差カップルのベビー誕生を期待。だが、今のところバフィンは旺盛な食欲で秋を過ごしているそうだ。

PR情報

検索フォーム

どうぶつ新聞 記事一覧

注目コンテンツ