メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

経営悪化、値上げの後も大口寄付 九電「約束破れない」

写真:唐津市民交流プラザのホール=佐賀県唐津市南城内拡大唐津市民交流プラザのホール=佐賀県唐津市南城内

写真:3階に唐津市民交流プラザが入るビル=佐賀県唐津市南城内拡大3階に唐津市民交流プラザが入るビル=佐賀県唐津市南城内

表:佐賀県内への大口寄付拡大佐賀県内への大口寄付

表:電力各社の寄付の割合拡大電力各社の寄付の割合

図:寄付は原価からはずされた拡大寄付は原価からはずされた

 経営悪化を理由に電気料金を値上げした後も、大口の寄付を続ける予定の九州電力。「(相手との)約束は破れない」と九電はいうが、本当に続ける必要があるのか十分な説明はなされていない。巨額の寄付は、原発再稼働に向けて重要となる地元自治体の判断に、影響を及ぼす恐れがある。

■唐津市交流プラザの運営費用全額

 九電の大口寄付先を訪ねてみた。佐賀県唐津市の中心市街地の新しいビルに入る唐津市民交流プラザ。3階に五つの会議室、地域FM局や子育て支援コーナーがある。市は会議室だけで市民らが月平均75回利用していると説明する。ただ取材に訪れた平日の昼間は、数十分間、中心部のホールはがらんとしており、会議室が使われた様子はうかがえなかった。

 プラザは市が2011年10月、約5億3千万円かけてワンフロアを購入し、整備した。市によると、計画段階に資金繰りを検討していたところ、九電から寄付の申し出があったという。購入費のうち計4億9千万円は国の補助金や合併特例債を充て、残りの約4千万円に九電からの寄付の一部を回した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら
PR情報
検索フォーム

原発・エネルギー最新ニュース

  • 福島第一原発4号機最上階パノラマ写真

朝日新聞原発・電力情報関連Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

  • asahi_energy

    朝日新聞原発・電力情報公式Twitter

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】テーマは「乗馬」

    下北で見つけたシックスタイル

  • 写真

    【&TRAVEL】星空の下の映画上映イベントも

    気軽に楽しむ極上船旅〈PR〉

  • 写真

    【&M】アリスの世界をアフリカ系で

    ピレリカレンダー2018発表

  • 写真

    【&w】セロニアス・モンクを特集

    JAZZ@HALL 第3弾

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム私の人生には山があった

    「山と渓谷社」出身の編集者

  • 写真

    WEBRONZA山本芳樹ソロミュージカル

    画家ロートレックの生涯描く

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界遺産近くの魅惑のホテル

    振り返れば遺跡がそびえ立つ

  • 写真

    T JAPAN稀代の蒐集家が出品する

    コレクター垂涎の作品とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ