メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

市民ら「ドカ灰」後片付け 桜島爆発から一夜明け

写真:降り積もった火山灰が風で吹き上げられ、市街地は白く煙っていた=19日午前8時51分、鹿児島市、池田良撮影拡大降り積もった火山灰が風で吹き上げられ、市街地は白く煙っていた=19日午前8時51分、鹿児島市、池田良撮影

 高さ5千メートルまで噴煙を上げた桜島の爆発的噴火から一夜明けた19日朝、大量の降灰「ドカ灰(ばい)」に見舞われた鹿児島市では、市民らが道路や建物、車に積もった灰のあとかたづけに追われた。

 JR鹿児島中央駅前では、観光客らがハンカチなどで顔を覆いながら足早に歩いていた。市内の繁華街・天文館では、商店主らが店の前や看板をほうきで掃いたり、水をまいたりして灰をかたづけた。路上の灰は車が通るたびにまき上げられ、飲食店の女性従業員(65)は「店の前を水で流しても元通りになる」と嘆いた。

 画廊の女性店長(48)は「歩道以外に店先の植物にかかった灰にも水をかけないと……。屋上はどうしようもないです」と困った様子。菓子店のアルバイト、森美奈子さん(25)は水泳用ゴーグルとマスクをつけて店の周りを掃いた。「天文館は灰まみれ。街の中も清掃車で掃除してほしい」

 鹿児島市は19日午前7時ごろから、清掃車35台と散水車26台を出動させ、路上の灰の除去にあたった。

 鹿児島地方気象台によると、19日午前9時までの24時間に1平方メートルあたり13グラムの降灰が観測された。鹿児島市内では1988年に2671グラム降ったこともあるが、今回は気象台のある場所が降灰の直撃を受けなかったため、観測値としては少ない量になったという。

PR情報

検索フォーム

火山列島 最新記事

注目コンテンツ