メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

南半球のクラゲ、日本で初確認 山形の水族館前で採取

写真:加茂水族館が発見した日本新記録種のクラゲ「ハッポウヤワラクラゲ」=加茂水族館提供拡大加茂水族館が発見した日本新記録種のクラゲ「ハッポウヤワラクラゲ」=加茂水族館提供

 鶴岡市の市立加茂水族館が採取したクラゲが、南半球に生息しているものの日本国内では「未発見」で、和名もないクラゲであることがわかった。学術関係者から命名権を得た同館は「ハッポウヤワラクラゲ」と命名、クラゲ展示室でパネル紹介を始めた。

 このクラゲが採取されたのは昨年9月下旬。水族館前の離岸堤付近に潜って、繁殖用のクラゲを採取したところ、直径1センチ前後の透明な「未確認」のクラゲが7個体混じっていた。

 採取した標本を京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所(和歌山県白浜町)に送り、同実験所の久保田信准教授に鑑定してもらった結果、生殖腺などの特徴からオーストラリアで発見され、1961年に「オリエンタリス」と命名されていた軟クラゲ目のクラゲと同じであるとわかった。昨年暮れ、日本生物地理学会でも発表された。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ