メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

限りなく続く青、続かなかったホテル計画 @ニャマウイ

写真:溶岩に波が打ち付ける=いずれも4日、江木慎吾撮影拡大溶岩に波が打ち付ける=いずれも4日、江木慎吾撮影

写真:ヌジャジジャ島第2の町、ミツァミウリの市場で魚をさばいていた拡大ヌジャジジャ島第2の町、ミツァミウリの市場で魚をさばいていた

写真:ニャマウイという名の火口湖の水の色は、毎日変わるという。対岸の頂上をめざし出発する。こちらより低く見えるが、実際は少し高い拡大ニャマウイという名の火口湖の水の色は、毎日変わるという。対岸の頂上をめざし出発する。こちらより低く見えるが、実際は少し高い

写真:頂上から望む。100メートル程度だが、足がすくむ拡大頂上から望む。100メートル程度だが、足がすくむ

写真:頂上から海を望む拡大頂上から海を望む

写真:巨大なバオバブの木拡大巨大なバオバブの木

写真:バオバブのほらから見上げる拡大バオバブのほらから見上げる

写真:ほらの中は洞窟のよう拡大ほらの中は洞窟のよう

写真:イランイランの畑拡大イランイランの畑

写真:マルージャの砂浜。岬にコモロ最大のホテルがあった拡大マルージャの砂浜。岬にコモロ最大のホテルがあった

 副大統領を務めたナドイムさん(63)が再会の時に言っていた、あることが引っかかっていた。それはコモロ最大のヌジャジジャ島、つまりいまいる島の北部にホテルを誘致する計画についてだった。

 ヌジャジジャ第2の町、ミツァミウリのはずれに、ホテルを再建する計画をナドイムさんは副大統領時に進め、ドバイから資本を呼び込むことに成功した。でも、実現はしなかった。2008年のリーマンショックの余波を受け、計画が頓挫してしまったのだ。

 1990年代までここには、300室を誇る同島最大のホテルがあった。南アフリカ資本で、そのころはコモロと南アフリカの間に週3本の直行便があり、多くのバカンス客が訪れた。いま、南アフリカとの間に直行便はない。

 コモロは火山島なので、美しい海に囲まれながら砂浜があまりない。でも、ミツァミウリなど北部には美しい砂浜のほか、観光名所になりうるところがたくさんあるというので、行ってみた。

 コモロのはるか南東のインド洋にはサイクロンがあるようだ。そのせいではないだろうけど、ここ数日は波が荒い。本当は海から島を眺めるという計画だったが、それはあきらめた。

 陸路で約1時間、モロニに次ぐ人口があるというけれど、どうみてもミツァミウリは小さな町だった。小さな町の小さな市場に寄ってみると、片隅でカツオだろうか、切り身にして売っていた。

 ミツァミウリを出て、島の北端を回ったあたりに、水の色が毎日変わるという塩湖ニャマウイがあった。火口湖だという。福島県にある五色沼のようだが、すぐそばに海があるせいか、20年以上前に訪れた記憶の五色沼より明るい感じがする。

 この日の水の色は青と緑の間といったところ。時に赤くなるという。ここには、希少なフルーツバット、果実を食べる大きなコウモリがすくっている。

 火口の縁をぐるっと1周した。ちょうど車をとめた対岸が岩山のようになっている。また山登りか。前日より登りはずっと緩いが、真下が見えるので足がすくむ。

 上から眺める海は、空が晴れていることもあって鮮やかな色に映える。岸に近いところは乳白色、そこからスカイブルーに変わり、岸から遠ざかるにつれて青が透明なまま深まってゆく。2日連続の運動で、また汗だらけになった。

 ここからミツァミウリに戻る途中に、大きなバオバブの木があった。西アフリカで見たバオバブはスリムで高い木だったが、コモロのはずんぐりと太い。大きなほらがあり、中に入るとすっかりずん胴になっていて緑の葉っぱと青い空が見える。

 木には緑のゴムマリほどの実がついていた。食べると甘いらしい。ほらの中には、少し汚れた白い花びらが落ちていた。

 近くにイランイランの畑があった。バニラと並ぶコモロの主産品で、香水、アロマテラピーに使われる。

 黄色い花びらを摘むと、強い香りに包まれる。においを説明するのは難しい。気品と深みを感じさせると言ったらいいだろうか。押しつけがましさの半歩手前の強さとでも言おうか。

 そして、マルージャの砂浜に来た。ここにかつて、ホテルがあった。それがなくなってから、周辺の道路の穴は修復されることなく放置された。そういえば、ミツァミウリにも遠浅の白砂の浜があったが、方々にごみが放置されていて、ヤギがそのごみをはんでいた。

 でも、マルージャの浜は美しい姿を保っている。300メートルほど沖合で、波がはじける。その内側、透明な水をたたえる遠浅の浜では、漂うようにさざ波が揺れるばかりだ。ここで何もせずに時を過ごせたら、魂の洗濯になるだろう。

 いま、頓挫したホテルの再建を、カタール系の資本が引き継ぐ計画があるという。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】歯周病予防にも!

    電動歯ブラシはこれを選ぶ

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤毛のアン」ゆかりの島へ

    プリンス・エドワード島

  • 写真

    【&M】土鍋で炊きたてご飯のランチ

    銀座米料亭 八代目儀兵衛

  • 写真

    【&w】人はなぜ人に暴力を振るうか

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ちょっと目線を上げて生きる

    高山都さん語る「美・食・姿」

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN新ブランドがこの秋、デビュー

    RUMIKOの新たな挑戦

  • 写真

    GLOBE+消える領土と闘う「王様」

    NYT世界の話題

  • 写真

    sippo元野良猫を家に向かえた

    その夜、猫は鳴きつづけた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ