メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

フラガール、歌をつむぐ ふるさと福島への思い込め

【動画】自ら作詞した復興願う歌「アイナふくしま」をフラガールたちが披露

写真:新曲「アイナふくしま」に合わせてフラダンスを踊るフラガール=1月16日夜、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ、小川智撮影拡大新曲「アイナふくしま」に合わせてフラダンスを踊るフラガール=1月16日夜、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ、小川智撮影

写真:新曲「アイナふくしま」に合わせてフラダンスを踊るフラガールたち=1月16日夜、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ、小川智撮影拡大新曲「アイナふくしま」に合わせてフラダンスを踊るフラガールたち=1月16日夜、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ、小川智撮影

写真:新曲「アイナふくしま」に合わせてフラダンスを踊るフラガールたち=1月16日夜、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ、小川智撮影拡大新曲「アイナふくしま」に合わせてフラダンスを踊るフラガールたち=1月16日夜、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ、小川智撮影

 【西堀岳路】福島県いわき市のレジャー施設・スパリゾートハワイアンズのフラガールが、自分たちで出し合ったことばをつなぎ、歌を作った。題名は「アイナふくしま」。ふるさとを意味するハワイのことばを冠した。東日本大震災と原発事故からの復興に願いを込め、ショーで披露するとともに、4月から歌を携えて全国の小学校を巡る。

 ♪つないだ手離さないで 輝く未来はきっとある――。歌は1月から新しくなったショーに加えられた。フラガールが自作の歌で踊るのは1966年の創業以来初めて。ショーのリニューアルの検討が始まった昨年春、フラガールたちが「あきらめない気持ちを伝えたい」と、歌作りを提案。メンバー36人と男性ダンサー4人がそれぞれことばやメッセージを出し、それを歌詞にまとめた。

 ふと隣に目をやれば 同じ気持ち抱いた仲間

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら
PR情報
検索フォーム

おすすめ

「もんじゅ君」がやさしくわかりやすく語る「原発と放射能」。日本一わかりやすい原発と放射能の本

福島はどのようにして「原子力ムラ」となったか――。福島生まれの著者が「地方」と「日本の近代化」の関係から追及

加トちゃんしかり。なぜ今、若い女性は父親ほど年の離れた男性と結婚したいのか?

公害病に貧困農民はなすすべもない。現代中国の悲惨な実態を伝える。

8.6kgの超軽量モデルながら乗り心地は抜群。運動不足解消や交通費の節約にもおすすめ

床面積はなんとA4サイズ。部屋全体に理想的な循環気流を生み出す縦型の空気清浄機

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ