メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ビッグデータで防災 雪予報的中、ツイッターで情報収集

図:気象情報に生かされるビッグデータ拡大気象情報に生かされるビッグデータ

 【奥山晶二郎、長崎潤一郎】ツイッターのつぶやきなどデジタル空間にある膨大な情報「ビッグデータ」を、防災や災害対応にいかす取り組みが進んでいる。自然災害の予測、被災者のニーズ把握、緊急時の人の動きの分析。商品開発をはじめとする企業のツールから、暮らしを守る手立てに役割が広がる。

震災ビリオメディア

 「みぞれが雪に」「どんどん積もってる」。首都圏が7年ぶりの大雪となった1月14日朝、気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)に情報が刻々と入った。

 気象庁は早朝まで「雪より雨の可能性が高い」としていた。都内の大雪注意報は午前10時41分。これに対し、ウェザーニューズは「都市部でも大雪」と気象庁の注意報より1時間ほど早く伝えた。この日届いた計3万4千件の生情報、ビッグデータが支えた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら
PR情報
検索フォーム

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ