メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

アチェ津波「怖さ、形で残さないと」

写真:2004年の大津波で内陸へ押し流された発電船。巨大な震災遺構として、教育公園になった=12年4月、大友良行氏撮影拡大2004年の大津波で内陸へ押し流された発電船。巨大な震災遺構として、教育公園になった=12年4月、大友良行氏撮影

写真:2004年12月のアチェ大津波で民家の屋根に乗り上げた漁船。震災遺構として見学しやすいようにと、階段がついた=12年4月、大友良行氏撮影拡大2004年12月のアチェ大津波で民家の屋根に乗り上げた漁船。震災遺構として見学しやすいようにと、階段がついた=12年4月、大友良行氏撮影

【ジャカルタ=郷富佐子】 昨年6月、宮城県南三陸町の佐藤仁町長から、出張先のシンガポールに電話がかかってきた。私が書いた「震災の被災物 残すことを選んだアチェ」の記事を読み、「状況をもっと知りたい」ということだった。

「話そう、震災遺構」特設マップ

 電話を受けた時は正直、どきっとした。記事では「被災物を残すという選択が、日本でもあっていいのではないか」と結んだが、「震災時に日本にいなかった者の無責任な意見だ」と叱られるのではないかと思ったからだ。

 でも、佐藤町長に「インドネシアの震災遺構が参考になりますか」と尋ねると、「経験がないことなので、どんな国のことでも知りたい」と言う。その語り口から、遺族にとって一番良い選択は何なのか。そのために、どうすればいいのかという深い悩みが伝わってきた。

 支局のあるインドネシア・ジャカルタへ戻ってすぐ、アチェで撮りためた震災遺構の写真を10枚ほどを町長へ送った。津波博物館、民家の屋根へ乗り上げた漁船、津波で内陸へ押し流された巨大な発電船……。その後、電話で話す機会もあったが、町長の悩みは逆に深まったような印象を受けた。

 2004年にM9・1の大地震と大津波に襲われたスマトラ島アチェ州では、16万人以上の犠牲者が出た。東日本大震災後、日本で役立つことはないかと、アチェへ何度も通った。インドネシア復興庁が取り組んだ仮設住宅に関する原稿も書いたが、東京のデスクから「文化も気候もこれだけ違うと参考にならないのでは」と言われた。

 でも、東日本大震災の7年前に被災者となったアチェの人々は、行くたびに「少しでも日本の参考になれば」と取材に応じてくれる。それは役人でも政治家でも主婦でも、だれでも同じだ。そして、震災遺構について尋ねると、必ず「見るのはつらいが後世のために残した方がいい」という答えが返ってくる。

 今年3月11日、アチェで話を聞いた主婦のヤンティさん(32)は、州都バンダアチェで最後に残った仮設住宅で今も暮らしている。地元自治体への不満は強いが、それでも「被災物を残した選択は正しい」と話す。「私たちは忘れっぽい。津波の怖さを形で残さないと、50年後に津波が来たら『魚が打ち上げられた』と喜んで、また海岸に行ってしまうかもしれない」という。

 これも「文化の違いから来る考え方の相違だ」と言われるかもしれない。それでも私はやはり、震災遺構は残した方がいいと思う。遺族のつらさを受け止め、心のよりどころにもなりえるような保存方法はないだろうか。

PR情報
検索フォーム

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ