メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ざわざわした日常へ 風に吹かれるままに @ナイロビ

写真:ナイロビで最大のスラム、キベラは市の中心からさほど離れていない=江木慎吾撮影拡大ナイロビで最大のスラム、キベラは市の中心からさほど離れていない=江木慎吾撮影

写真:キベラの中の道は石だらけ=江木慎吾撮影拡大キベラの中の道は石だらけ=江木慎吾撮影

写真:キベラの真ん中を鉄道が通る=江木慎吾撮影拡大キベラの真ん中を鉄道が通る=江木慎吾撮影

図:ナイロビの地図拡大ナイロビの地図

 昨年10月からアフリカ各国を旅するコラムを続けている。3月にいったん日本に帰国するためケニアの首都ナイロビを去る直前、町は大統領選の結果待ちの緊迫の中にあった。結果的に負けたオディンガ前首相の支持基盤、市の中心部に近い大スラムのキベラでは、散発的に暴力事件が起きていた。

特集・アフリカはいま

 それから2カ月、大統領選は前回2007年のような大規模な民族間の流血もなく終わり、再び訪れたナイロビにはいくぶん将来への期待のこもった、ざわざわした日常が戻っていた。

 いつも使うタクシー運転手のアントンとそんな話をしていて、キベラに行こうということになった。同じく巨大なスラムから町へ転じている南アフリカのソウェトと違い、キベラはスラムという言葉の印象通りの場所だ。起伏のある丘にさび色のトタン屋根が連なり、100万以上と言われる人々がひしめく。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ