メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

南海トラフ「予知困難」 有識者会議、備蓄の重要性強調

図:1週間分の備蓄(1人分)拡大1週間分の備蓄(1人分)

 【赤井陽介、黒沢大陸】南海トラフ巨大地震の対策を検討していた国の有識者会議は28日、地震予知が現状では困難と認め、備えの重要性を指摘する最終報告書をまとめた。家庭用備蓄を「1週間分以上」とすることや巨大津波への対応を求めている。古屋圭司・防災相は今年度中に国の対策大綱をまとめる方針を示した。

南海トラフ地震の被害想定

 南海トラフ巨大地震は、静岡県の駿河湾から九州東方沖まで続く、深さ約4千メートルの海底のくぼみ「南海トラフ」で想定される地震。トラフ沿いの太平洋沿岸を強い揺れと津波が襲い、最悪の場合、死者が約32万人に上ると見積もられている。

 地震予知の可能性について、有識者会議は地震学者6人による下部組織で議論。「現在の科学的知見からは(地震直前の)確度の高い予測(=予知)は難しい」との下部組織の見解を報告書に引く形で、限界を認めた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら
PR情報
検索フォーム

南海トラフ地震の被害想定 最新記事

朝日新聞社会部 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】親でありYouTuber

    鈴川絢子さんインタビュー

  • 写真

    【&M】『日本沈没2020』監督が描く

    不自由になった世界のリアル

  • 写真

    【&TRAVEL】メルボルンでの出会い

    1日1旅

  • 写真

    【&M】“空間”を生かしたミニバン 

    初代ルノー・エスパス

  • 写真

    【&w】受け継がれるコーヒー愛

    珈琲貴族エジンバラ

  • 写真

    好書好日滝沢カレンの物語の一歩先へ

    サリンジャーの名短編を超解釈

  • 写真

    論座赤木雅子さんの正直パワー

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本初のクラフトジン

    「季の美」のブランドハウス

  • 写真

    T JAPAN日本のスター美術家の軌跡

    草間彌生から村上隆まで

  • 写真

    GLOBE+オンライン絶景ツアーの実力

    秋田の名所とライブを楽しむ

  • 写真

    sippo獣医師のつぶやきに共感の声

    猫のおもちゃ誤飲にご用心!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ