メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(ソーシャルA)「議論に関心ない」樋渡啓祐・武雄市長

写真:「僕自身が『メディア』になった」と語る樋渡啓祐市長=佐賀県武雄市、古田大輔撮影拡大「僕自身が『メディア』になった」と語る樋渡啓祐市長=佐賀県武雄市、古田大輔撮影

写真:罵倒には罵倒で返していたが「それはやめた。政策のイメージまで悪くなるから」と語る樋渡啓祐市長=佐賀県武雄市、古田大輔撮影拡大罵倒には罵倒で返していたが「それはやめた。政策のイメージまで悪くなるから」と語る樋渡啓祐市長=佐賀県武雄市、古田大輔撮影

 佐賀県武雄市は、市のウェブサイトをフェイスブックに移管した。自らもツイッターで発信を続ける樋渡啓祐市長(43)は「ソーシャルメディアを使わない首長に存在価値はない」と言い切る。

ソーシャルA特集

 ――ツイッターやフェイスブックを使い始めたのはなぜですか。

 「地方だから。(自身が官僚として)霞が関にいたころは何もしなくてもメディアが来た。武雄市長のところには来ない。自分で発信するしかない。地方都市は、知ってもらい、来てもらわないと」

 ――使い分けは?

 「ツイッターは権力者に厳しい。フェイスブックは権力者に厳しくても、仲間には温かい。政治家は二つやらないと馬鹿になる」

 ――双方向性を生かして議論するんですか。

 「議論には関心がない。一人ひとりの意見を聞いて、一から政策をつくるなんて不可能」

 「政治家にとってソーシャルメディアが優れているのは、打ち出した政策のマーケティングができるところ。その政策が人気か不人気か、間違ってないか、リアルタイムでわかる。iPhoneが生まれたとき、アップル社は事前に客に意見を聞いてはいない。発表後に評判を聞き、次回作に修正を加える。そういう使い方だ」

 ――批判的な意見はブロックして無視しているとの批判があります。

 「かつては、ツイッターで深い議論をすれば、集合知が生まれると思ったが、人間はそれほど行儀がよくない。匿名で罵倒されるほうが多い。私は聖人君子でも苦情処理機関でもないので、匿名で罵倒を繰り返す人間の相手をしている時間はない」

 ――ソーシャルメディアでは、自分と似た意見ばかり集める危険性があると言われます。

 「それでも10年前よりずっといい。かつては自分の意見を述べるツールも機会もなかった。これは劇的な、コペルニクス的転回。自分と違う意見はマーケティングで取り入れればいい。罵倒ばかりの人はフォロワーが少ないし、リツイートもされない。そういう人が淘汰(とうた)され、よりよいソーシャルメディアが発展していくと楽観している」

 ――市長は、批判や罵倒が多いツイッターを「便所の落書き」と言ったことがあります。

 「落書き、嫌いでも見るでしょ? 何が書かれているかって。悪口だとしょげるけれど、そう見られているんだと思うと学べる。自分を相対化する能力が求められている」

     ◇

 1969年生まれ。93年総務庁(現総務省)に入り、出向先の大阪府高槻市で市長公室長などを務めた。2006年に武雄市長に初当選し現在2期目。11年夏に市のウェブサイトをフェイスブックに移した。

PR情報
検索フォーム

ソーシャルメディア 最新記事

朝日新聞公式アカウント関連のツイート

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】回り道の量で変わってくる

    刈谷仁美さんインタビュー

  • 写真

    【&M】『夫のちんぽ』作家の幸福論

    「おしまいの地」での気付き

  • 写真

    【&TRAVEL】昼も夜もゴージャスなコース

    五つ星宿と1等車でスイス1周

  • 写真

    【&M】コンパクトながら「大きい」

    キャンピングカーの新星!

  • 写真

    【&w】ぶどうとすだちの黒酢酢豚

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日ヨルシカの新作「盗作」書評

    音楽と小説、新感覚の融合

  • 写真

    論座「まずは自助」ではないです

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこだわりの時計を扱う名店

    珠玉のビンテージが並ぶ

  • 写真

    T JAPANニューノーマル時代の美容

    斎藤薫さんが提案

  • 写真

    GLOBE+「コロナ汚職を許すな」

    野放しだった腐敗に変化の兆し

  • 写真

    sippo動物看護師ってどんな仕事?

    想像以上にユニークだった!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ