メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

オバマ氏「尖閣、対話を」 習氏、TPP情報を求める

写真:米中首脳会談2日目の8日、米カリフォルニア州パームスプリングス近郊の保養施設で一緒に散歩する中国の習近平国家主席(左)とオバマ米大統領=AP拡大米中首脳会談2日目の8日、米カリフォルニア州パームスプリングス近郊の保養施設で一緒に散歩する中国の習近平国家主席(左)とオバマ米大統領=AP

 【パームスプリングス〈米カリフォルニア州〉=山川一基、奥寺淳】米国のオバマ大統領と中国の習近平(シーチンピン)国家主席は8日(日本時間9日)、米カリフォルニア州パームスプリングス近郊での2日間にわたる米中首脳会談の日程を終えた。オバマ大統領は、尖閣諸島を巡る日中の対立について話し合いを求める立場を表明。習氏は環太平洋経済連携協定(TPP)に関する情報を中国にも提供するよう求めた。

 両首脳は7、8の両日、計約8時間にわたり会談した。8日朝には会談場所となった保養施設内の庭を散策しながら、通訳だけを連れて2人で約50分間意見交換をした。

 会談終了後に会見したドニロン米大統領補佐官(国家安全保障担当)によると、両首脳は7日に尖閣諸島をめぐる日中の対立について議論した。オバマ氏は「緊張緩和を求め、行動ではなく外交チャンネルで話し合うべきだ」と語った。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら
PR情報
検索フォーム

領土 記事一覧

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ