メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ひと味違う街並み、ピリ辛のオクラ料理 @アブジャ

写真:アブジャの街並み拡大アブジャの街並み

写真:アブジャ中心部にある大きなモスク拡大アブジャ中心部にある大きなモスク

写真:これは片側の車線。道路は広い拡大これは片側の車線。道路は広い

写真:1日昼、野外食堂の食卓、5人分。白いのがヤムイモでつくった餅のような主食。真ん中付近に魚のシチューがあって、あとはオクラのスープなど拡大1日昼、野外食堂の食卓、5人分。白いのがヤムイモでつくった餅のような主食。真ん中付近に魚のシチューがあって、あとはオクラのスープなど

写真:味はというと…「これ、すごく辛くないですか」「うん、すごく辛い」=いずれも中野智明氏撮影拡大味はというと…「これ、すごく辛くないですか」「うん、すごく辛い」=いずれも中野智明氏撮影

 ナイロビのアパートを出て14時間で、西アフリカの入り口、ナイジェリアの首都アブジャの道路を走っていた。今までに見たアフリカのどの都市とも違う街が、闇の中に垣間見えた。

 三つの分離帯に分けられた、片側5車線ほどの道路を、ジグザグに走る。「ほど」と書いたのは車線がほとんど描かれていないからで、車がジグザグに走る理由の一端でもある。

 南アフリカには及ばないが、ケニアよりいい道路が続く。だけど、高速道路なみの道をUターンしたり、横切ったり。交差の設計や管理が良くない。

 運転の荒っぽさはケニアと甲乙つけがたい。突然、追い越していった四輪駆動車が急停止し運転手が下りてきて、こちらの車の運転席の窓とドアを拳で殴り、蹴っていった。どうも手前でこちらの車が幅寄せしたと怒っていたらしい。

 アブジャは首都になって20年あまりの若い都市だ。中心がないというか、官庁やホテルやモスクや教会が適度に散らばり、いかにも造られた都市という印象がある。同じく遷都で誕生したパキスタンのイスラマバードに似ている気がした。

 ヨーロッパ色に傾いたヨハネスブルクには似ていないし、英国調とアフリカ色を残しつつ新しくなるナイロビとも違う。中東のような雰囲気や中国の影響も感じる。ちなみに、アブジャの中心街づくりには丹下健三さんがかかわった。

 さて、突然話題は変わるけれど、最近オクラづいている。ナイロビのインド料理店でオクラカレーを食べ、中華料理店でオクラのフライをつまんだ。野菜が足りないので、この中華料理店に来てニンニクとタマネギとともにピリ辛の味にまとめたオクラのフライを食べる。広く知られているように、アフリカでもオクラは「オクラ」だ。

 アブジャの最初の夜はホテルに着くと5月31日の夜9時だったので、レストランのビュッフェですませた。ナイジェリアの主食のセモビタにオクラのシチューをかけて食べる。セモビタはメイズからつくられ、餅と「かるかん」をまぜたような食感で、似ているケニアのウガリより食べやすい。ナイジェリアの料理の多くはピリ辛で、汗を拭き拭き食べることになる。

 翌日の朝は、4階建ての集合雑貨棟という感じの「プラザ」で朝食をとった。こういったプラザが各地にある。1980年ごろの学生寮のような心もとない造りだ。

 そこではインスタント焼きそばのインドミを食べた。卵焼きが載り、ニンジン、タマネギが入って、やはり辛い。真っ赤なチリをよけながら食べる。

 昼にはパウンデッドヤムという、ヤムイモをつぶして練ったものを、やはりオクラのスープや干し魚のシチューに浸して食べた。白い色も食感もセモビタと似ていて、ほんのり甘い。スープとシチューがことさらに辛かったので甘さがありがたい。さほど暑くないのに、やはり汗を拭き拭きになった。

 食事の話ばかりだ。土曜日なのであまりすることもなかった。この夜はナイジェリアの音楽を聴きに行ったのだけど、思惑とは大きく違ってしまった。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】ホータンからチャルチャンへ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】“AVの罪”をどう考えるか?

    湯山玲子がしみけんに直撃!

  • 写真

    【&w】決め手は夫のあの一言だった

    『人魚の眠る家』篠原涼子さん

  • 写真

    好書好日やり投げ界のエースの修業

    新井涼平、90m超え目指して

  • 写真

    WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン「無病息災」を願って贈る

    おいしくてヘルシーな手土産

  • 写真

    T JAPANデュシャンと日本美術の共通点

    便器と竹筒が、なぜアートに?

  • 写真

    GLOBE+子どもがもし障害者だったら

    きょう公開 いろとりどりの親子

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学でまじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ