メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

日赤、原子力災害時に救護指針「累積被曝1ミリまで」

 【大岩ゆり】日本赤十字社が、原子力災害時の医療救護の活動指針を作った。住民の立ち入りが制限される警戒区域内には入らず、累積被曝(ひばく)線量が1ミリシーベルトを超えない範囲で活動すると決めた。1ミリは一般住民の平常時の年間限度。これに対し、被曝医療の専門家から「被災者への救護、対応が十分にできない」と見直しを求める声が出ている。

 日赤は法律により、災害時の被災者の救護が業務の一つと定められている。医師1人、看護師3人、運転手1人、事務職員1人が1組の救護班を全国に500組以上、組織している。

 東日本大震災では延べ900組の救護班が被災地に入ったが、当初、原子力災害への備えがなく、東京電力福島第一原発事故直後の福島県内では、救護班がいない「空白期間」が生じた。その反省から、原子力災害の活動指針を作ったという。救護班は線量計や安定ヨウ素剤を携行し、累積被曝線量が1ミリシーベルトを超える恐れがあれば、安全な地域に退避するとした。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら

PR情報

検索フォーム

原発・エネルギー最新ニュース

  • 福島第一原発4号機最上階パノラマ写真

朝日新聞原発・電力情報関連Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

  • asahi_energy

    朝日新聞原発・電力情報公式Twitter

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】食べて飲んでアートに親しむ

    横浜の注目ブックカフェ

  • 写真

    【&TRAVEL】海風に吹かれて映画はいかが

    逗子海岸映画祭26日から

  • 写真

    【&M】「すっかりマドンナ気分」

    稲垣純也が撮る「街と彼女」

  • 写真

    【&w】タイに魅せられた彼女の挑戦

    東京の台所

  • 写真

    好書好日ヒロインは活発な70代女性

    柚木麻子さんが新作小説

  • 写真

    論座望月衣塑子の質問

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンマット・ビアンコ、来日公演

    ブルーノート東京で3days

  • 写真

    T JAPAN角田光代が語る『愛がなんだ』

    “犬派女子”の恋を描く映画

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo早朝に起きて吠える犬

    夜眠る時間を遅くする工夫を

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ