メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

神風タクシーと「LIFE IS GOOD」 @オケニ

写真:道沿いの風景=いずれも6日、中野智明氏撮影拡大道沿いの風景=いずれも6日、中野智明氏撮影

写真:売られるロバを見つつ、荷台につくったハンモックでくつろぐ2人拡大売られるロバを見つつ、荷台につくったハンモックでくつろぐ2人

写真:片側2車線の道路へ、整備が続いていた拡大片側2車線の道路へ、整備が続いていた

写真:車を交換したオケニは、山あいに広がる都市だった拡大車を交換したオケニは、山あいに広がる都市だった

写真:ジャングルを切り裂くように道は続く拡大ジャングルを切り裂くように道は続く

写真:荷物のあげさげも一苦労拡大荷物のあげさげも一苦労

写真:そうこなくっちゃ拡大そうこなくっちゃ

 アブジャに別れを告げ、6日は一気に南部の都市ウォリに向かう。車で行くのは面倒だ。今までの運転手アバチャは北部の出身で、南部に行きたがらない。道を知らないことと、イスラム教徒の彼がキリスト教徒から嫌がらせを受けないかを心配しているらしい。

 そこで、中間点に近いオケニという都市で車を交換することにした。オケニまでアバチャの車で送ってもらい、ウォリからクリフォードが迎えに来る。だが、迎えの車が途中で故障したと連絡があり、出だしからつまずいた。

 ナイジェリアの運転は荒っぽい、ケニアと甲乙つけがたい、と書いた。でも、間違っていた。ものすごく乱暴だと言うべきだった。

 首都から南に向かう道は、北ほど整備されていない。中央分離帯のある片側2車線を造る工事が進められてはいたが、まだ片側1車線の対面通行だ。

 まあまあの交通量なので走っているとトラックの後ろにつく。トラックは長くて追い抜きにくいのはご存じの通り。タイミングをはかっていると、後ろから無理を承知で抜きかけて割り込む車が後を絶たない。

 たとえば、トラックの後ろの5台目だったとしよう。1台がトラックを抜く間に、2台が後ろから割り込んでくる。いつまでたっても、トラックのすぐ後ろにたどり着かない。

 むかし習ったゼノンのパラドックスの「アキレスとカメ」のよう。後ろのアキレスの方が速いのに、前にいるカメを追い抜けない。

 対向車が途切れないので路肩から追い抜こうとする車がいる。そこへ路肩を逆走してくる車がいて、あわやという場面もあった。

 何でそんなにいらついているのか。いらついているのでなければ、何にそんなに駆り立てられるのか。まるで、命ぎりぎりの走りをしないと生きている実感がないとでも言うように、ここの車は走る。

 「God is good」と多くの車の後ろに書かれている。「神は善なり」と言われても、傍若無人な運転で抜かれた後に見ると「そこのけそこのけ、神様が通る」に見える。

 小さな渋滞の原因となった大型トラックの後ろに、それをもじったのか「LIFE IS GOOD」と書いてあった。人生捨てたもんじゃない、そう「君、死に急ぎたまうことなかれ」だ。

 日本では、こんな運転はあまり見かけない。でも、国民性とは違う気がする。かつての日本でも「神風タクシー」が問題になり、いまの3倍以上の人が1年に亡くなって「交通戦争」と呼ばれた時期があった。

 国の経済が成長するいっとき、焦燥とも狂乱とも呼ぶべき空気が満ちることがあるのかもしれないと、ふと思う。

 アブジャを離れ、南へ下ると緑が濃く深くなってゆく。ジャングルを切り裂くように道が走る。イスラム教の影響が薄れ、次第にキリスト教の看板や建物が増えてくる。

 無事に車をオケニで引き継ぎ、優に500キロは走ったろう。乾いていた空気はねっとりと変わり、夜、目的地のウォリに着いた。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】携帯型アロマディフューザー

    「香り」を持ち歩く生活

  • 写真

    【&TRAVEL】飛・高山城と「古い町並」

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】吉本実憂“やばい”女の子役

    映画『レディinホワイト』

  • 写真

    【&w】鹿児島の焼酎でも肴は魚介

    クリトモのさかな道

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ