メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

奴隷制の面影とクイーンのフレディの生家 @ザンジバル

写真:奴隷たちが押し込められた地下室。手前のような鎖でつながれていた拡大奴隷たちが押し込められた地下室。手前のような鎖でつながれていた

写真:解放された奴隷が手伝ってできた教会。12本の柱が上下逆さまに据えられている拡大解放された奴隷が手伝ってできた教会。12本の柱が上下逆さまに据えられている

写真:教会の外観拡大教会の外観

写真:スルタンの宮殿の調度品には、日本のものらしき大きなつぼも拡大スルタンの宮殿の調度品には、日本のものらしき大きなつぼも

写真:博物館になっているスルタンの宮殿から海をのぞむ拡大博物館になっているスルタンの宮殿から海をのぞむ

写真:別のスルタン宮殿。こちらも博物館だったが、建物の補修が必要になったため、いまは休館中拡大別のスルタン宮殿。こちらも博物館だったが、建物の補修が必要になったため、いまは休館中

写真:フレディ・マーキュリーの生家拡大フレディ・マーキュリーの生家

写真:シーガルの向こうに夕日が沈む=いずれも江木慎吾撮影拡大シーガルの向こうに夕日が沈む=いずれも江木慎吾撮影

 ザンジバルのストーンタウンは、ユネスコの世界遺産に指定されている。世界遺産に宿泊するのは、マリの不思議な土の町ジェンネについで2度目になる。

 インド洋を隔てた国々とアフリカを結び、独特のスワヒリ文明、経済圏を形成した。奴隷貿易の中心地という歴史を背負い、その遺構も残る。ポルトガル、アラブ、インドにアフリカが混交する、さんごの石で築かれた独特の建築群は、厳しい建築基準によって守られている。

 石の町の一角にある英国国教会に向かう。この教会は1873年から、解放奴隷が手伝って建てられた。敷地に建つ建物には地下室がある。奴隷たちが男と女に分けられ、鎖につながれて狭い空間に押し込められた。壁の縦長の切れ目から、わずかに外の光が差し込む。1人でいても息苦しく感じる。

 奴隷は、この地まで大陸の産物や資材を運搬するために使われた。長旅の果てになお体力のある男たちは、さらに海外に向け、売られた。体力のない奴隷には死が待っていたという。

 教会の内部には、キリストの12使徒を表す12本の支柱が、素人らしく逆さに据え付けられている。この地の奴隷制について警鐘を鳴らしたのは、宣教とアフリカ探検で有名なデビッド・リビングストンだった。

 海に面した一等地に移動すると、ポルトガルが建てた石のとりでとともに大きな木造の建物が並ぶ。19世紀に建てられたオマーン王国のスルタンの宮殿は、中東というより英国やインドの影響を受けているように見える。いまは博物館になっているが、天井は高く、調度品も欧風のものが多く残されている。

 ポルトガルが築いたとりでの前、海に臨む公園からながめると、岸にほど近いところに船が停泊している。かつて熱海と伊豆大島を結んだ双胴の高速船シーガルは、日本語の表記もそのままに、動けなくなっている。

 日本での十数年の就航の間には、伊豆大島の噴火で島民の避難に活躍した。岸壁に衝突する事故も起こした。タンザニアに移ってザンジバルとダルエスサラームを結んでいたが、機関が故障した。

 ストーンタウンの多くの建物は、ホテルに改装されている。そんなホテルの隣に、ロックバンド「クイーン」のボーカルだった故フレディ・マーキュリーの生家がある。ゾロアスター教徒の両親のもとに生まれ、インドの寄宿学校に通っていた時にファロクという本名から「フレディ」の愛称がついたという。

 一家は1964年のザンジバル革命を機に英国に渡り、いま家は人手にわたっている。その入り口には、クイーン時代のフレディの写真が飾られている。

 夜、寝ようとするころに町は騒がしくなる。ラマダン中は夜が明けきらないうちに食事をしなくてはならず、ちょうど真夜中ごろになると若者たちが通りに出て太鼓を打ち鳴らし、歌を歌う。周囲に起きるよう促す。

 眠ろうとするときに、すぐそばでがなり立てられるので閉口する。情熱的に歌っているのかもしれないけれど、投げやりにがなり立てているようにしか聞こえない。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】行楽&運動会前に欲しい!

    デジタル一眼売れ筋ランク

  • 写真

    【&TRAVEL】今回はタオルを巻いて入浴

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】ライバルは短距離飛行機

    ボルボが提案する未来の車

  • 写真

    【&w】パン・ジャムを1人で作る職人

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日150冊読んで見つけた原作

    木村大作監督「散り椿」秘話

  • 写真

    WEBRONZA韓国の脳死・臓器移植の現状

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン銀座三越で特別イベント開催

    旬の着こなし術を編集長が解説

  • 写真

    T JAPAN花や鳥をお菓子で表現

    伝統工芸菓子の妙なる世界

  • 写真

    GLOBE+政治劣化はトランプのせい?

    否、逆だ。その理由は

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ