メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「完全独立」の願い、忍び寄る過激な宗教 @ザンジバル

写真:ザンジバル郊外にあるスルタンの宮殿は、独立後はコンクリート置き場になり、荒れ果てていた拡大ザンジバル郊外にあるスルタンの宮殿は、独立後はコンクリート置き場になり、荒れ果てていた

写真:宮殿跡から眺める海は青く拡大宮殿跡から眺める海は青く

写真:市場にはタコやイカが売られている。タコ料理は美味拡大市場にはタコやイカが売られている。タコ料理は美味

写真:市場で鳥を売る一角。かごの上には監視員が拡大市場で鳥を売る一角。かごの上には監視員が

写真:カトリックの司祭が今年、射殺された現場。正面の平屋は教会=いずれも江木慎吾撮影拡大カトリックの司祭が今年、射殺された現場。正面の平屋は教会=いずれも江木慎吾撮影

 これではできの悪い観光案内だ。少し観光から離れてみよう。

 安心して歩けるリゾートの島と書いた。でも、ケニアの沿岸部などアフリカの他の地域と同様に、この島にも影がさしている。自立への願いに差す、過激な宗教の影だ。

 タンザニア全土で信じられている宗教はキリスト教、イスラム教や伝統宗教に分散される。ここザンジバルでは住民の97%をイスラム教徒が占めるので、本土、つまりタンガニーカとは構成が大きく異なる。

 話は1964年にさかのぼる。多数のアラブ、インド系の住民が殺された「革命」をへて、ザンジバルはタンガニーカといびつな連合国家をつくった。

 いびつというのは、ザンジバル側には地元の政府があるのに、タンガニーカ側にはなく、実質的にタンザニア政府=タンガニーカ政府になっているからだ。ザンジバルからみれば、タンガニーカの下に置かれているようにみえる。

 もっとも、面積はもちろん、人口でみても100万余のザンジバルと4千万をはるかに超えるタンガニーカでは比べものにならない。

 ザンジバル側には完全な自治を求める動きが64年以前からある。革命政府と呼ぶ地元政府を置いているけれど、外交、防衛、内務などはタンザニア政府にゆだねられている。独自通貨の発行もできない。ずっと半独立の中ぶらりんな形になっている。

 タンザニアでは独立以降、与党タンザニア革命党(CCM)の地位が揺るがずにきた。だが、ザンジバルでは野党の市民統一戦線(CUF)の力が与党CCMに迫っている。ザンジバルのCUFは、外交権などを含んだザンジバルの完全自治を目指してきた。

 2010年の選挙で与野党の連立政府がザンジバルにできた。この島で先鋭化したイスラムの動きが目立ちだしたのは、そのころからだ。動きを担ったのが、ウアムショ(覚醒)と呼ばれるグループだった。

 01年に結成された宗教的なNGOで政治とは一線を画していた。だが、次第にザンジバルの独立を求める動きを強めた。タンザニア政権が、集会の規制などに乗り出したこともあって、12年にはウアムショのメンバーが暴徒化して死者が出る事態も起きた。

 海外からの観光客に依存する島だけに、タンザニア政府は治安部隊を島に投入、ウアムショ幹部を拘束して組織を抑え込みにかかった。ウアムショを誇示するメンバーがザンジバルの市街地から消えていった。

 だが、宗教的な事件はその後も続いた。今年に入ってからも、カトリックの司祭が後をつけられて射殺される事件が起きている。

 いま、タンザニアでは憲法改正委員会が設けられ、草案の作成が進んでいる。ここで議論されているのは「3政府」の仕組みだ。ザンジバルとタンガニーカがそれぞれ、地元政府をつくり、それとは別に外交などを担う連合政府を設けるというものだ。

 ザンジバルからみれば、今までの連合に比べ、タンガニーカと同等の政府として並ぶことは前進に見える。でも、受け入れられるかというと、そうもいかないようだ。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】やっぱりダイソンが欲しい

    人気の掃除機はこれだ!

  • 写真

    【&TRAVEL】本と映画にひたれる出町座

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】災害時にも役に立つ装備

    キャンプ車のシェルター機能

  • 写真

    【&w】私は芸術のために生きている

    Art&Movie

  • 写真

    好書好日「金持ちはすごい」への疑問

    絵本「おまえうまそうだな」

  • 写真

    WEBRONZA安倍氏の総裁3選と派閥復活

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN“レガシー”のある暮らし

    古城に住む、とある家族の風景

  • 写真

    GLOBE+高得点なのに話せない

    韓国も英語教育で悩む

  • 写真

    sippo猫は留守番が平気だけど…

    高齢になると、注意が必要

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ