メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

富士山頂で迷い犬保護 保健所「ペット同伴登山やめて」

写真:保護された犬。一時はあばら骨が見えるほど痩せていた=22日、富士山頂、写真家植田めぐみさん撮影拡大保護された犬。一時はあばら骨が見えるほど痩せていた=22日、富士山頂、写真家植田めぐみさん撮影

写真:保護された迷い犬。右は動物保護団体の女性=29日午後、静岡県小山町の須走口登山道5合目、長尾大生撮影拡大保護された迷い犬。右は動物保護団体の女性=29日午後、静岡県小山町の須走口登山道5合目、長尾大生撮影

 【長尾大生】富士山頂で迷ったとみられる犬が29日未明、静岡県御殿場保健所に保護された。1日の山開き以降、あばら骨の浮いた姿がたびたび山頂で目撃され、インターネット上でも話題になっていた。保健所は、飼い主と一緒に登山してはぐれたとみている。保護にかかわった動物保護団体にはすでに「うちの犬に似ている」との連絡も来ているという。

特集:どうぶつ新聞

 保健所によると、犬はオスの雑種で体長約1メートル。保護直後はおびえていたが、手を差し出すと鼻を付けてくるなど、人に慣れていた様子もうかがえるという。首輪はなかった。一時期より少しふっくらとしており、登山客が与える食べ物を食べていたらしい。

 今月上旬、民間の動物保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」(東京)に情報が寄せられ、保健所が24日から山頂付近に捕獲器を仕掛けていた。飼い主が現れなければ、この団体が新たな飼い主を探すという。保健所の担当者は「富士登山は犬にとっても過酷。ペット同伴の登山はやめて欲しい」と呼びかけている。

最新トップニュース

PR情報

検索フォーム

どうぶつ新聞 記事一覧

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】開放型に脚光再び!

    快適イヤホン生活

  • 写真

    【&TRAVEL】僕の本質はインスタで表現

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】スマホで撮った写真は現実か

    最新機種が変える“写真”の意味

  • 写真

    【&w】いま音楽映画に酔いしれたい

    ART&MOVIE

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ