メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

小舟に揺られて沖へ 澄んだ湖を渡る風@ケープ・マクリア

写真:マラウイ湖国立公園拡大マラウイ湖国立公園

写真:トゥンビ島(右)に向かう拡大トゥンビ島(右)に向かう

写真:我々の小舟。背後は岸拡大我々の小舟。背後は岸

写真:青い魚影が見えるでしょうか拡大青い魚影が見えるでしょうか

写真:トゥンビ島から沖を見ると、何もない=いずれも江木慎吾撮影拡大トゥンビ島から沖を見ると、何もない=いずれも江木慎吾撮影

 久しぶりに風にこだわったせいで、初回の導入部であれこれ書いたマラウイ湖に行き着くのに時間がかかった。南北に560キロを超える長さがある。どうせなら、南端にある、ユネスコの世界遺産に指定されている国立公園を訪ねようと思った。湖全体の1%にも満たないところだ。

 30日、予定は大幅に狂ったけれど、たどり着いた。あいにく曇っていた。湖面に沿って並んだコテージの間を抜けて砂浜におりてみると、女性が湖の中に立ってせっけんで体を洗っていた。

 マラウイとモザンビークとタンザニアに接し、マラウイとタンザニアが国境を巡って争っていることはすでに書いた。大地溝帯にできた湖で、アフリカで3番目の広さ、2番目の深さを誇ることも。

 ユネスコの世界遺産サイトによると、世界でもっとも魚種の多い淡水湖ともいわれ、その種類は千にも及ぶという。シクリッド類と呼ばれる色とりどりの魚が多くすみ、350を超えるシクリッドの固有種がいる。

 閉鎖性の強い湖のためガラパゴス諸島の鳥と同様に、そこにすむ魚が独特の進化を遂げたらしい。特に有名なのはムブナと呼ばれる10センチほどの青いシクリッドで、口の中で子育てする。

 国立公園はマクリア岬とその周辺の湖からなり、湖の部分は7平方キロ。湖の標高は、GPS装置によれば500メートルほどだった。季節によっても水位の上下があるという。

 さて、湖に着いたもののすでに戻りを気にする時間になっていた。どうしようかと迷っていたら、若者が近づいてきて、ボートで沖にある島の周辺まで行かないかと誘ってくる。そんな時間はないといったん断ったが、砂浜から湖面を見つめていても仕方がないのでボートを出してもらうことにした。

 トゥンビ島というその小さな島までは500メートルほどだろうか。湖は時折、強風で大荒れになることもあるというが、この日は割と強い風が吹いていて、心もとなく小舟は揺れる。

 ユネスコの世界遺産のページには特筆すべき透明度とあったが、曇りのせいか水は暗緑色で見通しがきかない。水しぶきは冷たく、風はひんやりとしている。砂浜近くで泳いでいる人がちらほらいたが、今は一番寒い時期だと船のガイドは言っていた。

 島に移って岩場をのぞくと、なるほどきれいな水だ。岩に「ここにトイレはない」と英語で書きつけてある。ガイドがパンを岸の近くに投げると、青い魚影が見えた。波が立っているので鮮明には見えないけれど、ムブナだ。縄張り意識が強く、岩のこけなどを食べるとネットには書いてあった。ここでとると罰せられる、とガイドは言った。

 島から戻る途中、何かが違うということを感じた。香りではないか。海ではないので潮の香りはもとよりない。湖や沼にありがちな、よどんだ水のにおいがしない。水の清さの証しなのか、湖面を渡る風のせいなのか。切り立って岸に迫る山から、おろしのように風が吹く。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】SUVもさすがの乗り心地

    ロールスロイス・カリナン

  • 写真

    【&w】高2男子を“育てる”女たち

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ただ「積む」だけの面白さ

    絵本「まる さんかく ぞう」

  • 写真

    WEBRONZA稀勢の里はもう休場できない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンスーツの長持ちテクニック!

    そのひと手間で大きな差がつく

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第31回

  • 写真

    GLOBE+サードウェーブ、実は日本発

    アメリカ西海岸コーヒー物語

  • 写真

    sippo大施設で犬猫の譲渡会、急増

    会場側「動物の集客力すごい」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ