メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

広告にみる国の勢い 男の勢いが増す広告 @ルサカ

写真:幹線道路沿いに看板が多く立つ拡大幹線道路沿いに看板が多く立つ

写真:こちらは携帯電話の広告拡大こちらは携帯電話の広告

写真:漢字の書かれた看板も拡大漢字の書かれた看板も

写真:新しいモール拡大新しいモール

写真:新しいモールの中拡大新しいモールの中

写真:木に打ち付けられた広告。右のものは、冷蔵庫修理=いずれも江木慎吾撮影拡大木に打ち付けられた広告。右のものは、冷蔵庫修理=いずれも江木慎吾撮影

 ザンビアの首都ルサカには、12年前に1度来たことがある。このときは、珍しく日本大使館を訪ねた。ザンビアの日本大使が元朝日新聞記者だったためだ。でも、ザンビアに何を取材しに来たのか、よく覚えていない。ほかの国の出張の寄り道だったのかもしれない。

 ルサカの印象はそれでも少しだけ残っている。その印象は、もう毎度のことながら、大きく変わることになる。国の経済の勢いのようなものは、空港から主要都市へ車で移動するだけで少しは感じられるようになった。

 マラウイからザンビアに来ると、幹線道路沿いの看板の大きさと数が全く違う。書きそびれていたが、マラウイの場合は石造りの「広告碑」とでもいうべきものがたくさん立っている。そこに手描きで広告を描くわけだけれど、多いのは「トイレに入ったら手を洗いましょう」式の公共広告だった。加えて、多くの碑の広告面が白く塗られたままになっている。つまり広告主がいないということだろう。

 ルサカの幹線道路には巨大なビルボードが林立している。携帯電話、農機具、家具、電化製品、日用品、政府の宣伝に交じって、漢字の記された看板もある。この国は独立後、社会主義路線をとったこともあり、早くから中国と密接な関係があった。その風向きは少し変わったともいわれるが、ここでは触れない。

 ナイロビにも多くのビルボードがあって、ほかの国に行って戻ると、もう広告主が変わっている。そちらは不動産の宣伝が多く、その通り、高級アパートが次から次にできている。

 ルサカの幹線道路沿いに次から次にできているのは、新しいショッピングモールだ。ここのモールはマダガスカル、ボツワナ、マラウイなど、これまで訪れたアフリカ南部にあるモールとは比較にならない大きさだ。店の数といい駐車場の広さといい、ナイロビのモールですら足元に及ばない。

 モールに足を踏み入れると、南アフリカにいるのではないかと錯覚する。銀行、スーパー、日用品店、レストラン、ファストフード店まで、南アフリカで見かけた店ばかりが並ぶ。

 幹線道路を外れると、大きな広告看板はなくなる。ジャカランダが薄紫の花をつけ始めている。街路樹が、看板の代わりになっている。木に紙の広告がたくさん張ってある。

 なぜか「冷蔵庫修理」がやたらと多い。修理しなければならない冷蔵庫がそんなにあるようには思えないのだが。新聞の折り込みのようなパソコンの広告も張ってある。運転免許、練習から免許まで、と書かれた広告をみると、7千円ほどでとれるようだ。

 ざらざらした木の表皮にどうやって張り付けているのか気になって見たら、大きなホッチキスのようなものを紙の上から木に打ち込んである。

 このほか、他のアフリカの国々で見かける広告が壁などのあまり目立たない位置に多く張られている。男性器増大。アフリカよ、お前もか。男の性のむなしさを感じる。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】磨き残しをアプリで可視化する

    スマホ連動型スマート歯ブラシ

  • 写真

    【&TRAVEL】叡山電車でめぐる京の紅葉

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ハリケーンランプの若き職人

    資料が残されていないピンチ

  • 写真

    【&w】安藤和津さんに聞く

    プラチナへの思い〈PR〉

  • 写真

    好書好日チャグムも食べた鳥飯弁当

    「精霊の守り人」の料理を作る

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンデルタで上質なフライトを

    上空のぜいたくを堪能する旅

  • 写真

    T JAPAN復活した「フォアグラ」の魅力

    ギィ・マルタンシェフが語る

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学でまじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ