メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

スラムの歌声を世界へ 軽やかに、明るく @ナイロビ

写真:コッチFMで開かれていたミュージシャンの会議。左から2人目が梅本優香里さん拡大コッチFMで開かれていたミュージシャンの会議。左から2人目が梅本優香里さん

写真:コッチFM拡大コッチFM

写真:フィリップ・ノルダンさん拡大フィリップ・ノルダンさん

写真:フィリップ・ノルダンさん(左)と話す梅本優香里さん拡大フィリップ・ノルダンさん(左)と話す梅本優香里さん

写真:コルゴチョで道の建設が進んでいる拡大コルゴチョで道の建設が進んでいる

写真:どうだ拡大どうだ

写真:巨大なゴミ捨て場から煙があがっていた拡大巨大なゴミ捨て場から煙があがっていた

写真:T―meさん(左)とHeavensさん拡大T―meさん(左)とHeavensさん

写真:コッチFMの局内=いずれも江木慎吾撮影拡大コッチFMの局内=いずれも江木慎吾撮影

 南アフリカの歌手ZAHARAのことをザンビア編に書いたら、「ナイロビのスラムのミュージシャンを取材しませんか」とツイッターで誘いを受けた。ツイートをくれたのは梅本優香里さん(41)。スラムのアーティストの作品をiTunesなどを通じて世界に届ける「AMP MUSIC」というレーベルをつくっている(http://www.amp-music.net)。

 ザンビアから戻ったところだったので誘いにのって17日、ナイロビ東北のコルゴチョ・スラム(通称コッチ)に出かけた。ダンドラという大きなゴミ捨て場に沿うように、崩れそうなトタン屋根が広がっている。5万人とも20万人ともいわれるルオーやキクユやソマリの人たちが暮らす。

 小さな子どもはみんな「How are you?」と呼びかけてくる。返事しても、同じ言葉を繰り返す。外国人が珍しいのか、そっと手をつないでくる女の子が何人もいて、何だかうれしい。

 例によってナイロビに戻って体調を崩した。暖かくなって日差しが強く感じられ、よからぬ様々なにおいが漂い、ふらふらする。

 一角にコチャFMというほぼスラム限定の地域ラジオ局がある。楽しみを通じた教育「Edutainment」を掲げる。赤と黒に塗られたコンテナハウスのような建物を訪れると、若いミュージシャンたちが音楽活動について真剣に議論を交わしていた。

 彼らはこのFMに自分のつくった曲を持ち込み、放送してもらう。曲は半径5キロ内で知られることはあっても、そこを超えることは難しかった。そこに梅本さんたちが加わることで一気に日本にも届くようになったわけで、みな一様に「大きなチャンスを与えてもらった」と話す。

 フィリップ・ノルダンさん(26)は10年前から音楽活動をしている。梅本さんたちがリリースした9枚のCDの多くは複数のアーティストの作品を集めたものだが、ノルダンさんの場合はソロになっているという実力派だ。レゲエやケニアの現代音楽ベンガを歌う。

 「レゲエには、若い人たちを教えるメッセージが込められている」という。コッチは、治安のよいところではない。もっと平和になろうよなどと、曲の3分の1は社会に向けたメッセージ、残りは音楽への愛と、彼女への愛。

 T―me(23)、Heavens(24)が取材してくれとくる。みんな自分の才能を信じている。信じて、どんな小さな機会も逃すまいとしている。

 梅本さんは、音楽とは別にアフリカ進出を目指す日本企業向けのコンサルタントもしている。このスラムにきた当初はソーラーパネルを持ち込んだりして、人々の暮らしを変えるビジネスをもくろんだ。

 でもうまくいかず、「外から持ち込むのではなく、中にあるものを生かそう」と考えを改めた。音楽の専門家ではなかったが、スラムの若者の音に接し「売れる」と直感した。

 100人が聴きたいと思う曲を、当たり前に100人に届ける。それが梅本さんたちの思いだという。

 ゴミ捨て場のがらくたが売られているスラム、骨ばかりになった魚が売られているスラムに、軽やかな、明るい音色が育っている。

江木慎吾

プロフィール江木 慎吾(えぎ・しんご)

61年生まれ。社会部をへて00年代、ナイロビ、ニューヨーク支局に勤務。バルカン半島、中東、アフリカ各地の紛争取材を経験しつつ、小心さは変わらない。動作が緩慢でのんきに見えるが、気は短い。趣味は散歩。しばしば二日酔い。だめトラファン。

PR情報
検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】誰でも手軽に特撮ごっこ

    遊べる特撮加工アプリ

  • 写真

    【&TRAVEL】一つの宿に15もの温泉が

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】横須賀でのイベントに20万人

    ポケモンGOの進化が変える未来

  • 写真

    【&w】コーヒー農園を訪ねて

    ネスプレッソ〈PR〉

  • 写真

    好書好日LGBTヘイトは自殺を誘発

    トランスジェンダー男性が自伝

  • 写真

    WEBRONZAさくらももことガロとたま

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン宿泊先のアメニティを使う?

    ライフスタイル世論調査!

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第27回

  • 写真

    GLOBE+無償ボラ成功の秘密

    サッカーロシアW杯に学ぶ

  • 写真

    sippo多くの猫を預かり夫婦で世話

    「どの子も幸せに」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ