メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐渡生まれトキ、中国の空へ 最後の国産10回目命日に

写真:2003年10月10日に死んだ日本産最後のトキ「キン」拡大2003年10月10日に死んだ日本産最後のトキ「キン」

写真:中国河南省の董寨自然保護区で10日に放鳥される予定のトキ=9月27日、国際協力機構提供拡大中国河南省の董寨自然保護区で10日に放鳥される予定のトキ=9月27日、国際協力機構提供

 【角野貴之】新潟県佐渡市で生まれた国の特別天然記念物トキの子孫が10日、中国河南省で野生に放たれる。佐渡生まれの子孫が中国で放鳥されるのは初めて。10日は2003年に日本産最後のトキ「キン」が死んだ10回目の命日にあたる。

 「日にちが重なったのはたまたまだと思うが、驚きました」。放鳥に立ち会う国際協力機構(JICA)の専門家中島卓也さんは話す。中国で飼育や放鳥訓練に協力している。

 中島さんによると、放鳥の予定時刻は、現地時間の10日午前10時ごろ。河南省董寨(トンチャイ)自然保護区で現在、トキ34羽が放鳥訓練中という。この34羽は、07年に佐渡トキ保護センター(佐渡市)から同自然保護区に移された13羽と、中国国内の4羽の子孫にあたる。中島さんは、佐渡生まれの13羽の子どもや孫が含まれていると同自然保護区の幹部に告げられたが、それが何羽いるかは不明だ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

どうぶつ新聞 記事一覧

注目コンテンツ