メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

空自スクランブル193回 7〜9月、99年以降最多

 防衛省は9日、7〜9月に日本に接近した航空機に対する航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)の回数が計193回だったと発表した。この期間としては、少なくとも1999年以降では最多だった。中国機に対しては80回で4〜6月の69回より増加。対ロシア機も105回で31回から大幅に増えた。

 中国軍機は、7月24日に早期警戒機1機が初めて沖縄本島と宮古島の間を往復し、9月8日にも爆撃機2機が同じコースを飛行した。同9日には中国機とみられる無人機が尖閣諸島沖で初めて確認された。ロシア機は8月22日に爆撃機2機が福岡県・沖ノ島付近の領空を侵犯した。

 スクランブルの対象は中国機が戦闘機、ロシア機は哨戒機が多かったという。

PR情報

検索フォーム

領土 記事一覧

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ