メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「オープンデータで共創を」伊藤MITメディアラボ所長

写真:伊藤穣一MITメディアラボ所長拡大伊藤穣一MITメディアラボ所長

 【古田大輔】政府や企業などが個々に持つデータを開放(オープン)し、誰でも利用可能にして新たな価値を生む動きが広がっている。朝日新聞社が2014年1月16日に開くシンポジウム「オープンデータが社会を変える――共創によるイノベーション」を前に「オープンデータはイノベーションを生む」と説く米マサチューセッツ工科大(MIT)メディアラボ(注1)の伊藤穣一所長に話を聞いた。

オープンデータ・シンポ申し込みはこちら

 ――メディアラボでは、何をオープンにしているのですか。

 「研究成果の知的財産のライセンスをオープンにしています。内部の講演もネットで中継し、誰でもアクセスできる情報を増やしています。外部からのフェローシップ(特別研究員)を増やしてコラボレーションを始めるとか、研究開発の過程も含めて、もっとオープンにしていこうとしています」

 ――なぜオープンに。

 「自分たちだけでは生み出せないひらめきやイノベーションを生むためです。例えば、ソフトウエアのリナックスやウィキペディア(注2)は、オープンにして皆で作り上げることで質が上がっていきました。情報を囲い込んでいては孤立してしまいます。いつも同じメンバーでは似たようなアイデアしかでなくなる」

 「オープンにすることで、より多くの人をメディアラボの輪の中に取り込めます。技術革新で開発のコストが下がり、どこでどんな開発がでてくるかわからない。昔は世界のトップ大学さえ見ていればよかったけれど、今はどこからでもすごい発明が出てくる」

 「天才的なアフリカの学生とコラボレーションしようと考えるなら、こちらが情報をオープンにして、彼らからネットの検索で見つけてもらわないと。むしろ情報をクローズにする理由がよくわからない」

 ――知的財産を保護しないと利益が出ないのでは。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

ソーシャルメディア 最新記事

朝日新聞公式アカウント関連のツイート

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】大切なものにペタッと貼るだけ

    なくしたものを見つけられる

  • 写真

    【&TRAVEL】平成元年にワープする喫茶店

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ビルボードライブ東京ご招待

    ギルバート・オサリバン

  • 写真

    【&w】スワロフスキーの新展開

    LINEスタンプを配信〈PR〉

  • 写真

    好書好日干ししいたけ老夫婦が大活躍

    人気絵本「ほしじいたけ…」

  • 写真

    WEBRONZAGW10連休に反対

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン現代の社長が語る若き自分

    実績がなくても行動が大切

  • 写真

    T JAPAN復活した「フォアグラ」の魅力

    ギィ・マルタンシェフが語る

  • 写真

    GLOBE+狂言とVRはつながっている

    時代を軽々越える野村萬斎

  • 写真

    sippo獣医師をやめて弟子入り

    異色の落語家・林家卯三郎さん

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ