メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

汚染水225トン漏出か 福島第一の堰、過去最大規模

 東京電力は24日、福島第一原発の汚染水タンクを囲む堰(せき)内にたまった水の水位が下がっていたと発表した。東電は堰の中の汚染された雨水約225トンが堰の破損部から漏れ、周辺の土壌に染み込んだ可能性が高いとみている。

 別のタンクの区画でも堰のコンクリートの継ぎ目などで水漏れが相次いでいるが、これだけ大量に漏れるのは初めて。東電はすべての区画で堰の内側に水を通さない樹脂を塗る。

 水漏れが疑われているのは、区画「H4」と「H4東」。H4東の堰内の水位は20日に12センチだったが、24日には1センチにまで下がっていた。漏れたとすると、109トンに相当する。H4は12センチが5センチになっており、最大116トンの水が漏れた可能性がある。H4東の堰内の水からは、20日の測定で1リットルあたり440ベクレルのストロンチウムを検出。H4は同20ベクレル。いずれも東電の暫定排出基準の10ベクレル未満を超えた。雨水が地表の放射性物質を含んで汚染されたとみられる。

PR情報

検索フォーム

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ