メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

年賀はがき、仕分けに大忙し 被災地の販売、回復見込み

写真:年賀はがきを一枚一枚仕分ける作業が続く(画像の一部を修整しています)=26日午後、福島県いわき市、福留庸友撮影拡大年賀はがきを一枚一枚仕分ける作業が続く(画像の一部を修整しています)=26日午後、福島県いわき市、福留庸友撮影

 【福留庸友】新年を目前に控え、福島県いわき市のいわき郵便局では年賀はがきの仕分け作業で大忙しだ。冬休み中の高校生のアルバイトら100人以上が手作業で住所を確かめ、世帯別に分けていく。

 同局の年賀はがき販売枚数は、東日本大震災後の2011年度は前年度に比べて22万枚減の131万枚だったが、12年度は147万枚、今年度は被災前とほぼ同じ150万枚程度を見込んでいるという。

PR情報

検索フォーム

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ