メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「浜娘」復活の一滴 大槌から盛岡へ、新蔵で新酒

写真:新酒を手に笑顔を見せる古舘秀峰社長=盛岡市の赤武酒造拡大新酒を手に笑顔を見せる古舘秀峰社長=盛岡市の赤武酒造

 【斎藤徹】清酒「浜娘」で知られる岩手県大槌町の蔵元「赤武(あかぶ)酒造」が、盛岡市に今年建てた酒蔵「復活蔵」で仕込んだ新酒の出荷を今月始めた。津波で酒蔵も家も失った古舘秀峰(ふるだてひでみね)社長(48)は、大槌への思いを支えに酒造りにいそしむ。震災前の町の人口と同じ1万5994本の販売を毎年の目標に掲げ、今年も達成した。「来年もふるさとの復興を念じながら、うまい酒をつくっていきたい」と話している。

 復活蔵は国や県の補助金を受けて10月に完成した。すぐに仕込みに入り、11月末に初しぼり。一升瓶で5千本分の純米酒と本醸造酒をつくった。

 震災後に雇用した20〜30代の従業員4人は酒造りの経験がない。機械トラブルもたびたびあり、これまでとは勝手が違う蔵での酒造りは難航した。それだけに、新酒が完成した時の喜びはひとしおだった。

続きを読む

関連リンク

    この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

    無料会員登録はこちら

    朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

    PR情報

    検索フォーム

    検索

    亡くなられた方々

    | 記事一覧

    ハッシュタグ #震災遺構

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

    注目コンテンツ

    • 写真

      【&BAZAAR】スマホと一眼のいいとこ取り

      人気の1インチデジカメ

    • 写真

      【&TRAVEL】元大統領料理番が監修

      海上のグルメワールド〈PR〉

    • 写真

      【&M】つみたてNISAを学ぼう

      「草食投資隊」イベント開催!

    • 写真

      【&w】可愛いだけじゃないんです

      必死すぎるネコ

    • 写真

      ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

      保守との対立の基本構図

    • 写真

      WEBRONZAみんなが嫌いな検査・評価

      常態化する検査不正の背景

    • 写真

      アエラスタイルマガジン靴と鞄は、大人の装いの要諦

      ピエール アルディの靴と鞄

    • 写真

      T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

      トレヴァー・パグレンのアート

    • 写真

      ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

      下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    • 働き方・就活

    • 転職情報 朝日求人ウェブ