メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ゆりあげ港朝市、歳末の大売り出しにぎわう 宮城

写真:「ゆりあげ港朝市」で正月用の食材を買い求める人たち=29日午前6時33分、宮城県名取市、日吉健吾撮影拡大「ゆりあげ港朝市」で正月用の食材を買い求める人たち=29日午前6時33分、宮城県名取市、日吉健吾撮影

写真:「ゆりあげ港朝市」で正月用の食材を買い求める人たち=29日午前6時27分、宮城県名取市、日吉健吾撮影拡大「ゆりあげ港朝市」で正月用の食材を買い求める人たち=29日午前6時27分、宮城県名取市、日吉健吾撮影

写真:「ゆりあげ港朝市」で正月用の食材を買い求める人たち=29日午前7時39分、宮城県名取市、日吉健吾撮影拡大「ゆりあげ港朝市」で正月用の食材を買い求める人たち=29日午前7時39分、宮城県名取市、日吉健吾撮影

 【力丸祥子】東日本大震災の津波で大きな被害を受けながら、今月、本格的に再開した宮城県名取市閖上の「ゆりあげ港朝市」で29日、歳末の大売り出しが始まった。

 震災前と同じ場所に、ほぼ同規模の約50店が軒を連ねる。数の子やかまぼこ、冬場に産卵期を迎え「子孫繁栄」の象徴とされる子持ちの「ナメタガレイ」。大みそかや正月向けの品々が飛ぶように売れた。

 夫婦で訪れた亘理町の結城絹子さん(55)は「震災前と変わらぬにぎわい。活気があって、復興してきた感じがする」と話した。

PR情報

検索フォーム

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧

ハッシュタグ #震災遺構

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ